研究紹介

大口研究室では、道路交通における渋滞・環境などの諸問題の解決やより高度な道路交通の実現のために、基礎的な理論から観測データに基づく純粋な交通工学的分析、シミュレーションを用いたケーススタディ分析など、交通工学を様々な視点・手法で研究しています。

円滑かつ環境にやさしい持続可能な交通システムを実現するため、様々な交通現象を理解し、また交通・都市計画の施策評価ツールを開発することが当研究室の目標です。

#研究テーマ
95交通流の変分原理に基づく系統信号路線の期待遅れ評価法
94Application of Tandem Sorting Strategy to Increasing Urban Intersection Capacity: A Case Study
93安全かつ円滑な交差点デザイン
92空間認知の多様性を考慮した音声案内システムの検討
91Vehicle and Pedestrian Delay Estimation at Unsignalized Crosswalks Considering Adjacent Signals
90走行実験計測車MAESTROⅡ の開発
89ACCを活用したサグ部渋滞対策の検討
88首都圏3 環状道路の効率的な運用に関する研究開発
87鉱山ダンプの燃料消費量に着目した鉱山生産コストの分析
86Modelling vehicular interactions with opposing vehicles on two way two lane roads
85Concurrent Prediction of Location, Velocity and Acceleration Profiles for Left Turning Vehicles at Signalized Intersections
84A Cluster Analysis for the Variation of Macroscopic Fundamental Diagram: A Case Study in Tokyo Metropolitan Areas
83動的配分理論による道路ネットワークの交通性能解析
82Effect of Road Geometry on Free Flow Speed: An Empirical Analysis using ETC 2.0 Data
81歩行者と自転車によるパーソナルモビリティビークル(PMV) の挙動の実験的分析
80Turning Vehicle Maneuvers: International Comparison - Evaluating turning vehicle maneuvers at crosswalks in the US and Japan -
79待ち行列の延伸を考慮した動的信号最適化手法による系統制御
78Performance of Tandem Sorting Strategy in Non-ideal conditions
77Changing Mobility Patterns in Tokyo
76Driving Behaviour Analysis at Sag Sections on Expressway
75An Empirical Analysis of Macroscopic Fundamental Diagrams for Sendai Road Networks
74Experimental Study on Driving Behavior of Personal Mobility Vehicles
73動的配分理論に基づく交通ネットワークの巨視的性能評価
72シングルグリッドネットワークにおけるグリッドロック現象の発生条件
71首都圏3環状道路の効率的な運用に関する研究開発
70ACC搭載車両の追従挙動の分析
69キスアンドライド車両の乗降位置選択行動を考慮した駅前広場交通シミュレーション
68歩行者交差交通流の性能評価に関する研究
67歩行者交差交通流のスループット特性分析
66歩行者信号表示方式と歩行者青時間後の駆け込み行動
65ACCの導入が交通流に与える効果に関する分析
64信号オフセット及び走行速度の制御による車両エネルギー消費量変動分析
63社会的フィードバックシステムによる道路交通からのCO2排出削減
62ナウキャストシミュレーションへの構築
61燃料消費予測手法の大型作業車両への適用
60電気自動車に適用可能な時間帯別トリップチェインに基づく交通シミュレーション分析
59Research on lane-use model for highway basic segments
58Analysis on Travel Demand Variation Considering User's Choice Behavior on Urban Expressway Using ETC Data
57Estimation Volume and Average Travel Time in an Intersection Using Probe Data
56交通シミュレーターを用いた電気自動車の行動分析
55ACC装着車両の追従挙動を網羅的に再現可能な追従挙動モデルの分析・評価
54Turning Rate Estimation in an Intersection Using Probe Data
53交通信号制御における現示設計の最適化に関する研究
52エコドライブが信号交差点の交通容量に及ぼす影響を考慮したCO2排出量評価
51大都市における歩行者の幹線道路・横断特性に関する研究
50Analyses of Travel Demand Variation Considering Users’ Choice Behaviors on Urban Expressway Using ETC Data
49環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活交通情報フィードバックシステムの構築に関する基礎調査
48高速道路ボトルネックにおける車線利用の時空間変動分析
47ボトルネック上流における車線利用率の矯正効果と付加車線設置形態
46信号交差点における損失時間の実証分析
45ラウンドアバウトと一般無信号交差点の安全確認行動分析
44生体免疫系による車両間・路車間協調モデル及び獲得免疫に着目した危険度抑制に関する研究
43エントロピーモデルによるトリップチェイン推定と電気自動車用充電器の設置場所の検討
42交差点におけるエコドライブの交通流に及ぼす影響評価
41完全分離式信号現示の有効性に関する研究
40Driver’s Route Choice Information from ETC and Detector Data
39International Collaboration for CO2 Emission Evaluation Using Simulation Models
38到着状況に応じた信号切り替わり時間及び青色時間の動的設定
37グリッドコンピューティングによる日本全国交通シミュレーションシステムの開発
36首都高速道路における追突事故リスク予測に関するミクロ的分析
35動的情報提供によるパーク&ライド適用可能性に関する研究
34Understand the Dynamics of Traveler Behavior on Metropolitan Expressway Using Route Identification Technique from ETC Data
33道路モニタリングシステムの多目的評価と最適化に関する研究
32免疫ネットワークを用いた協調回避システムに関する研究
31トリップチェインを考慮した電気自動車の交通シミュレーション
30ミクロ交通シミュレーションの開発と錯綜区間におけるドライバモデルの構築に関する研究
29異なる歩行者属性を考慮したミクロ歩行者シミュレーションモデルの構築
28携帯電話からのGPSデータを用いた歩行者の経路選択肢集合生成
27Influence of Intergreen Times on the Capacity of Signalised Intersections
26合流部における動的可変チャンネリゼーションの運用・評価手法
25ハイブリッド交通シミュレーションの開発
24Data Fusion Concept to Estimate Vehicle Trajectories on Urban Arterials
23Evaluation of Operational Performance and Proposal of Improvement Schemes for Two Key Intersections in Dhaka, Bangladesh
22Analysis of vehicle trajectories in urban networks using AVI detectors and floating car data in order to determine CO2 emission
21A Cellular Automata Model for Mixed Traffic
20International Traffic Database (ITDb)
19Data fusion for instantaneous travel time estimation
18信号切替り時の右折車の損失時間に関する研究
17A Probabilistic Approach to Evaluate Safety During Intergreen Interval
16OD Volume Fluctuation Analysis For Tokyo Metropolitan Expressway By ETC Data
15リアルタイムシミュレーション周辺技術の研究開発
14首都高速道路における個別車両ベースの自由流速度の分布特性
13歩行者交通を考慮したラウンドアバウト導入への適性交通量分析
12高速道路におけるトラフィック性能の評価手法
11走行実験計測車MAESTROの開発
10階層モデルを用いた街路ネットワークの評価
9交通現象のメカニズム解明とその対策
8交通流シミュレーションの開発
7MethodContactRoute Identification using Detectors Data & ETC OD Data
6大規模都市圏ネットワークでの動的シミュレーションによる交通施策評価
5動的システム最適配分に関する研究
4A Stochastic Dynamic Traffic Assignment Model
3都市高速道路における自由流速度の影響要因分析
2路上駐車管理方策に関する検討
1首都高速道路のランプ間OD交通量の変動特性とその推計手法-ETC-ODデータによる実証的研究-