論文リスト

2016年発表

#論文名
2016-23S. M. Gaspay, T. Oguchi, K. Wada and M. Iryo-Asano: Signal setting rules under the tandem sorting strategy considering storage and green split constraints. 14th World Conference on Transport Research (WCTR2016), Shanghai (China), 2016.07.10-15.(accepted as an A paper)
2016-22Y. Yang, K. Wada, T. Oguchi and M. Iryo-Asano: Variability of observed drivers' follow-the-leader behavior on expressway basic segment. 14th World Conference on Transport Research (WCTR2016), Shanghai (China), 2016.07.10-15.(accepted as a C paper)
2016-21T. Muramatsu and T. Oguchi: Efficient use of the parking area at expressway rest stops. 14th World Conference on Transport Research (WCTR2016), Shanghai (China), 2016.07.10-15.(accepted as a C paper)
2016-20C. Dias, M. Iryo-Asano and T. Oguchi: Predicting optimal trajectories for left turning vehicles at signalized intersections. International Symposium of Transport Simulation International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardisation (ISTS & IWTDCS2016), Jeju (Korea), 2016.07.07-08.(accepted).
2016-19T. Muramatsu and T. Oguchi: Functional performance of the parking area at inter-city expressway rest stops. ISEHP2016 (International Symposium on Enhancing Highway Performance), Berlin (Germany), 2016.06.14-16.(abstract accepted)
2016-18野中康弘, 石田貴志, 大口敬, 三浦嘉子: 商用車プローブデータを用いた大型車の登坂性能に関する実証的研究, 土木計画学研究・講演集(北大), 2016.05.28.
2016-17石田貴志, 野中康弘, 大口敬: 高速道路における交通容量, 土木計画学研究・講演集(北大), 2016.05.28.
2016-16Kasun Wimalasena, Charitha Dias, 大口敬, 和田健太郎, 井料(浅野)美帆: Effect of road geometry on free-flow speed: An empirical analysis using ITS probe data, 土木計画学研究発表会 2016年5月
2016-15Le Thi Thuong, K. Satsukawa, K. Wada, T. Oguchi and M. Iryo: A cluster analysis of variations of Macroscopic Fundamental Diagrams: A case study in Tokyo metropolitan area. Proc. of Infrastructure Planning (JSCE), No.53, Sapporo, 2016.05.28.
2016-14K. Wimalasena, C. Dias, T. Oguchi, K. Wada, and M. Iryo-Asano: Effect of road geometry on free-flow speed: An empirical analysis using ETC2.0 data. Proc. of Infrastructure Planning (JSCE), No.53, Sapporo, 2016.05.28.
2016-13C. Dias, M. Iryo-Asano and T. Oguchi: Concurrent prediction of location, velocity and acceleration profiles for left turning vehicles at signalized intersections. Proc. of Infrastructure Planning (JSCE), No.53, Sapporo, 2016.05.29.
2016-12瀬尾亨,和田健太郎,福田大輔: 高頻度鉄道システムの効率性解析のための FundamentalDiagram の提案, 土木計画学研究発表会 2016年5月
2016-11和田健太郎, 臼井健人, 大口敬, 井料美帆: 交通流の変分原理に基づく信号路線の期待遅れ評価法と信号最適化への応用, 土木計画学研究・講演集(北大), 2016.05.29.
2016-10王鵬飛,赤松隆,和田健太郎: Exploring the relationship between the features of macroscopic fundamental diagram and congestion pattern for expressway networks: A case study of Tokyo metropolitan expressways, 土木計画学研究発表会 2016年5月
2016-09王鵬飛,和田健太郎,赤松隆,杉田正俊,名古屋利一,鷲見浩: 長期間観測データを用いた Macroscopic Fundamental Diagram の特徴づけ:仙台市および京都市におけるケース・スタディ, 交通工学論文集 (accepted with minor revisions) 2016年
2016-08高安杏奈,原祐輔,和田健太郎,桑原雅夫: 入力データの確率変動を考慮した交通状態推定— Variational Theory に基づいた解析と検証—, 土木計画学研究発表会 2016年5月
2016-07大口敬: 車両の走行道路階層性を考慮した自動運転の適用, 生産研究, 研究解説, 2016.03.
2016-06楊燕, 和田健太郎, 大口敬, 井料美帆, 牧野浩志: 高速道路単路部ボトルネックにおける追従挙動特性の車両個体差の実証分析, 生産研究, 2016.03.
2016-05ガスパイサンディメイ, 大口敬, 和田健太郎, 井料(浅野)美帆: タンデムソーティング戦略による信号交差点の容量増強のケーススタディ, 生産研究, 2016.03.
2016-04臼井健人, 和田健太郎, 大口敬, 井料(浅野)美帆: 確率的な需要の到着を考慮した信号路線の遅れ時間評価法, 生産研究, 2016.03.
2016-03弘津雄三, 岩岡浩一郎, 新倉聡, 大口敬: 交通環境が異なる車両感知器に対する故障検出状況の評価, 生産研究, 2016.03.
2016-02須田義大, 大口敬, 中野公彦, 大石岳史, 小野晋太郎, 吉田秀範, 杉町敏之: 自動運転システムの社会実装に関する課題と展望, 生産研究, 研究解説, 2016.03.
2016-01T. Oguchi: Achieving safe road traffic - the experience in Japan -. IATSS Research, Vol.39, Issue 2, 2016.02.03.

2015年発表

#論文名
2015-56Kouki Satsukawa and Kentaro Wada: Effect of origin-destination structures on network performance: Some simple examples, The 20th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies 2015年12月
2015-55Nagalur Subraveti, H.H.S., Iryo, M. and Oguchi, T.: Feasibility Study of Interactive Passing Maneuver Model for Two-Way Two-Lane Roads, 3rd International Conference on Computational Design in Engineering, Tokyo, Japan, 2015.12.
2015-54Pengfei Wang, Takashi Akamatsu and Kentaro Wada: Empirical research on the occurrence mechanism of congested regime in a Macroscopic Fundamental Diagram, The 20th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies 2015年12月
2015-53Iryo, M. and Alhajyaseen, W.: Pedestrian Speed Change Model for Safety Assessment at Signalized Crosswalks, 3rd International Conference on Computational Design in Engineering, Tokyo, Japan, 2015.12.
2015-52井料(浅野)美帆: キスアンドライド車両の乗降位置選択行動を考慮した駅前広場交通シミュレーション,土木学会論文集D3, Vol.71, No.5, pp.I_931-942, 2015.
2015-51片岡源宗, 吉井稔雄, 二神透, 大口敬:救急救命搬送需要予測手法の構築, 土木学会論文集D3・特集号 (土木計画学研究・論文集Vol.32), 2015.12.
2015-50和田健太郎, 臼井健人, 柳沼秀樹: Cross-Entropy法に基づく待ち行列の延伸を考慮した交通信号群の最適化, 土木学会論文集D3(土木計画学) 71(5) I_1055-I_1064 2015年12月
2015-49和田健太郎,瀧川翼,桑原雅夫: ネットワーク・モデリングによる系統交通信号の最適化, 土木学会論文集D3(土木計画学) 71(4) 168-180 2015年12月
2015-48Iryo-Asano, M., Alhajyaseen W.K.M. and Nakamura, H.: Analysis and Modeling of Pedestrian Crossing Behavior during Pedestrian Flashing Green Interval, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, Vol.16, No.2, pp.958-969, 2015.
2015-47井料(浅野)美帆,藤原龍,井料隆雅,長島愛: 予測軌跡の方向変化を考慮した歩行者挙動モデル,第13回ITSシンポジウム2015,2015.12.
2015-46楊燕, 和田健太郎, 大口敬,井料(浅野)美帆, 牧野浩志: 高速道路単路部ボトルネックにおける追従挙動特性の車両個体差の実証分析,第13回ITSシンポジウム2015,2015.12.
2015-45サンディ・マエ・ガスパイ, 大口敬, 和田健太郎, 井料(浅野)美帆: タンデムソーティング戦略による信号交差点の容量増強のケーススタディ,第13回ITSシンポジウム2015,2015.12.
2015-44井料(浅野)美帆,井料隆雅,杉森千恵: パーソナルモビリティビークルの交錯回避行動規範の実験的分析, 土木計画学研究・講演集, No.52, 2015.11.
2015-43井料(浅野)美帆,宮川愛由, 谷口綾子, 小嶋文: 主観的利得評価に基づく歩車間交錯時の譲り合い意思決定行動分析, 土木計画学研究・講演集, No.52, 2015.11.
2015-42Iasmin Hasina, 小嶋文,谷口綾子, 井料美帆, 宮川愛由,久保田尚: Effects of Different Pavement Design and Phase of Green Signal Time on Left Turn Driver, 土木計画学研究・講演集, No.52, 2015.11.
2015-41臼井健人, 和田健太郎, 大口敬, 井料(浅野)美帆: 確率的な需要の到着を考慮した信号路線の遅れ時間評価, 第13回ITSシンポジウム2015(首都大学東京), 2015.12.04.
2015-40須田義大, 大口敬, 中野公彦, 大石岳史, 小野晋太郎, 吉田秀範, 杉町敏之: 自動運転システムの社会実装に関する課題と展望, 第13回ITSシンポジウム2015(首都大学東京), 2015.12.03.
2015-39Takashi Akamatsu, Kentaro Wada and Shunsuke Hayashi: The corridor problem with discrete multiple bottlenecks, Transportation Research Part B: Methodological 81(3) 808-829 2015年11月
2015-38佐津川功季, 和田健太郎, 大口敬, 井料美帆: 渋滞パターンに着目したネットワークスループットの低下メカニズムに関する分析, 土木計画学研究・講演集(秋田大), 2015.11.21-23.
2015-37川股幸博, 大口敬, 和田健太郎: 鉱山ダンプの燃料消費量に着目した鉱山生産コストの分析, 土木計画学研究・講演集(秋田大), 2015.11.21-23.
2015-36中山昂彦, 宮川愛由, 谷口綾子, 井料美帆,小嶋文,藤井聡: 道路空間デザインが歩車間コミュニケーションに及ぼす影響に関する研究, 土木計画学研究・講演集, No.52, 2015.11.
2015-35謝振宇, 小嶋文,谷口綾子, 宮川愛由, 井料美帆,久保田尚: 路面舗装に着目した交差点における歩行者の交通行動と安全意識に関する研究, 土木計画学研究・講演集, No.52, 2015.11.
2015-34田辺太一, 谷口綾子, 井料美帆,宮川愛由, 小嶋文: ドライバーの協調行動促進に歩行者コミュニケーションが及ぼす影響, 土木計画学研究・講演集, No.52, 2015.11.
2015-33佐々木光明・桑原雅夫・小野晋太郎・浦山利博・松本学・森一夫・ 池内克史・大口敬・大石岳史・尾崎朋子: MMSを用いた見通しの定量化, 第24回地理情報システム学会研究発表大会講演論文集, 慶応大学三田キャンパス, 2015.10.10-11.
2015-32Iryo-Asano, M., Alhajyaseen, W.K.M., Zhang, X. and Nakamura, H.: Analysis of Pedestrian Speed Change Behavior at Signalized Crosswalks, 2015 Road Safety & Simulation International Conference, Orlando, USA, 2015.10.
2015-31Park, H.J., Alhajyaseen, W. and Iryo-Asano, M.: Comparative Analysis on the Maneuver of Turning Vehicles at Crosswalks in United States and Japan, 2015 Road Safety & Simulation International Conference, Orlando, USA, 2015.10.
2015-30D. Oshima and T. Oguchi: The process of gridlock formation and its impact on a network. Proc. of 22nd World Congress on ITS 2015(Bordeaux), 2015.10.07.
2015-29R. Horiguchi, M. Iijima and T. Oguchi: Simulation experiment for ITS on three expressway rings in tokyo metropolitan region. Proc. of 22nd World Congress on ITS 2015(Bordeaux), 2015.10.07.
2015-28S. Ohira, H. Sakakibara, S. Miyata and T. Oguchi: Implementing monitoring of abnormal traffic. Proc. of 22nd World Congress on ITS 2015(Bordeaux), 2015.10.07.
2015-27D. Oshima and T. Oguchi: Changing Mobility Patterns in Tokyo. Proc. of 22nd World Congress on ITS 2015(Bordeaux), 2015.10.06.
2015-26Y. Yang, K. Wada, T. Oguchi and M. Iryo-Asano: A study on variations of car-following behavior at sag sections and the impact of introducing ACC system. Proc. of 2015 IEEE 18th International Conference on Intelligent Transportation Systems, Las Palmas de Gran Canaria (Spain), 2015.09.15.
2015-25S. M. Gaspay, T. Oguchi, K. Wada and M. Iryo-Asano: The Potential of the pre-signals in improving traffic conditions. 11th EASTS Conference (Eastern Asia Society for Transportation Studies), Cebu (Philippines), 2015.09.13.
2015-24佐津川功季,和田健太郎: 多起点1終点ネットワークにおける巨視的な交通性能解析, 交通工学研究発表会論文集 2015年8月
2015-23D. Oshima and T. Oguchi: Analysis of gridlock traffic flow on a single grid network. 6th International Symposium on Transportation Network Reliability [INSTR](Nara), 2015.08.02-03.
2015-22Takashi Akamatsu, Kentaro Wada and Shunsuke Hayashi: The corridor problem with discrete multiple bottlenecks, Transportation Research Procedia: Papers selected for the 21st International Symposium on Transportation and Traffic Theory,Kobe, Japan, 5-7 August, 2015 7 474-498 2015年7月
2015-21大口敬: 道路交通社会の要望と自動運転技術の社会実装. 安全工学シンポジウム2015講演予稿集, 日本学術会議総合工学委員会, 2015.07.02.
2015-20大島大輔, 大口敬: 近年の東京における交通行動の変化に関する研究 土木計画学研究・講演集(九州大), 2015.06.06.
2015-19田沢誠也, 大口敬, 森田綽之: ジャンクション走行時の走行軌跡データと道路幾何構造に関する一考察, 土木計画学研究・講演集(九州大), 2015.06.06.
2015-18中村英樹, 下川澄雄, 大口敬, 野中康弘: “コンパクト+ネットワーク”型国土構造に向けての道路機能の再生法:性能照査型道路計画設計の意義と概要, 土木計画学研究・講演集(九州大), 2015.06.07.
2015-17野中康弘, 泉典宏, 下川澄雄, 大口敬, 中村英樹: 道路計画設計における実用的な性能照査実施方法の提案, 土木計画学研究・講演集(九州大), 2015.06.07.
2015-16藤田英将, 塩見康博, 井料美帆,小根山裕之: 実道実験による走光型視覚誘導システムの追従挙動への影響分析, 土木計画学研究・講演集, No.51, 2015.6.
2015-15王鵬飛,赤松隆,和田健太郎: Macroscopic Fundamental Diagram における渋滞領域発生メカニズムに関する実証研究, 土木計画学研究発表会 2015年6月
2015-14Takashi Akamatsu, Kentaro Wada and Shunsuke Hayashi: The departure-time choice equilibrium of the corridor problem with discrete multiple bottlenecks: modeling, solvability, and uniqueness, The 27th European Conference on Operational Research (EURO2015) 2015年6月
2015-13Takashi Akamatsu, Kentaro Wada and Shunsuke Hayashi: Infinite or finite-dimensional complementarity reformulation for the departure-time choice equilibrium problem with discrete multiple bottlenecks, The 13th EUROPT Workshop on Advances in Continuous Optimization (EUROPT2015) 2015年6月
2015-12R. Zheng, S. Ono, T. Hirasawa, K. Nakano, T. Oguchi and Y. Suda: A comparison study of right-turn behaviors with improvement of signalized intersections. Proceedings of ITS Asia-Pacific Forum 2015, 2015.04.27-29.
2015-11井料(浅野)美帆, 長島愛:歩行者交差交通流の性能評価に関する研究,生産研究,Vol.67,No.4, pp.369-373, 2015.
2015-10須田義大, 長谷川史彦, 桑原雅夫, 池内克史, 大口敬, 鈴木高宏, 中野公彦, 小野晋太郎, 大石岳史, 山邉茂之, 大野和則, 西沢真裕, 鄭波, 杉町敏之, 鄭仁成, タン・ジェフリー・トゥ・チュアン, 平沢隆之, 原祐輔, 三谷卓摩: エネルギーモビリティマネジメントシステムの研究開発, 生産研究, 2015.03.
2015-09大島大輔, 山田康右, 竹之内篤, 山下浩行, 中野公彦, 鈴木高宏, 小野晋太郎, 平沢隆之, 洪性俊, 杉町敏之, 鄭仁成, 須田義大, 大口敬, 堀口良太, 白石智良: ドライビングシミュレータに対するニーズ及び先進的関連技術に関する技術調査, 生産研究, 2015.03.
2015-08池内克史, 大口敬, 桑原雅夫, 小野晋太郎, 上條俊介, 大石岳史, 小出公平, 堀口良太, 花房比左友, 飯島護久, 芳村方男, 亀田佳靖, 森一夫, 田中淳, 松沼毅, 後藤秀典, 長谷川雅人, 須田昌仁, 佐々木卓, 萬沙織, 市川博一, 光安皓, 田村勇二, 大島大輔, 山下浩行, 佐々木政秀: 環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活活動情報フィードバックシステムの開発, 生産研究, 2015.03.
2015-07佐々木光明, 桑原雅夫, 小野晋太郎, 裏山利博, 松本学, 森一夫, 池内克史, 大口敬, 大石岳史, 尾崎朋子: MMSを活用した交差点の見通しの定量解析と交通事故への影響の考察, 生産研究, 2015.03.
2015-06Kang, N., Nakamura, H. and Asano, M.: Estimation of Roundabout Entry Capacity Under the Impact of Pedestrians by Applying Microscopic Simulation, Transportation Research Record, Journal of the Transportation Research Board, Vol.2461, pp.113-120, 2015.
2015-05楊燕,大口敬,井料(浅野)美帆,和田健太郎:高速道路サグ部における追従挙動モデルのパラメータ分布に関する研究,生産研究,Vol.67,No.2,pp.41-46,2015.03.
2015-04ガスパイサンディメイ,大口敬,井料(浅野)美帆,和田健太郎:プローブデータを活用した交差点の方向別交通量・旅行時間推定,生産研究,Vol.67,No.2,pp.47-52,2015.03
2015-03Kentaro Wada, Takeshi Ohata, Keiko Kobayashi and Masao Kuwahara, Traffic measurements on signalized arterials from vehicle trajectories, Interdisciplinary Information Sciences 21(1) 77-85, 2015.03.
2015-02Pengfei Wang, Kentaro Wada, Takashi Akamatsu and Yusuke Hara, An empirical analysis of macroscopic fundamental diagrams for Sendai road networks, Interdisciplinary Information Sciences 21(1) 49-61, 2015.03.
2015-01赤松隆,和田健太郎,林俊介:複数のボトルネックをもつ通勤時刻選択問題とその均衡解,最適化:モデリングとアルゴリズム,2015.03.

2014年発表

#論文名
2014-48Kang, N., Nakamura, H. and Asano, M.: Estimation of Roundabout Entry Capacity under the Impact of Pedestrians by Applying Microscopic Simulation, 93rd Transportation Research Board Annual Meeting, Washington, D.C., 2014.
2014-47井料美帆:信号付横断歩道における歩行者クリアランス時間設定方法の日米比較,生産研究,Vol.66,No.4,pp.383-387,2014.
2014-46花房比左友, 小林正人, 小出勝亮, 堀口良太, 大口敬: ナウキャストシミュレーションシステムの適用と検証, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-45池内克史, 大口敬, 桑原雅夫, 小野晋太郎, 上條俊介, 大石岳史, 小出公平, 堀口良太, 花房比左友, 飯島護久, 芳村方男, 亀田佳靖, 森一夫, 田中淳, 松沼毅, 後藤秀典, 長谷川雅人, 須田昌仁, 佐々木卓, 萬沙織, 市川博一, 光安皓, 田村勇二, 大島大輔, 山下浩行, 佐々木政秀: 環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活活動情報フィードバックシステムの開発, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-44光安皓, 市川博一, 田村勇二, 大島大輔, 山下浩行, 長谷川雅人, 須田昌仁, 花房比左友, 飯島護久, 小野晋太郎, 大口敬, 池内克史: 環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活活動情報フィードバックシステムの実証実験, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-43大島大輔, 山田康右, 竹之内篤, 山下浩行, 中野公彦, 鈴木高宏, 小野晋太郎, 平沢隆之, 洪性俊, 杉町敏之, 鄭仁成, 須田義大, 大口敬, 堀口良太, 白石智良: ドライビングシミュレータに対するニーズ及び先進的関連技術に関する調査研究, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-42須田義大, 長谷川史彦, 桑原雅夫, 池内克史, 大口敬, 鈴木高宏, 中野公彦, 小野晋太郎, 大石岳史, 山邉茂之, 大野和則, 西沢真裕, 鄭波, 杉町敏之, 鄭仁成, タン・ジェフリー・トゥ・チュアン, 平沢隆之, 原祐輔, 三谷卓摩: エネルギーモビリティマネジメントシステムの研究開発, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-41佐々木光明, 桑原雅夫, 小野晋太郎, 裏山利博, 松本学, 森一夫, 池内克史, 大口敬, 大石岳史, 尾崎朋子: MMSを活用した交差点の見通しの定量解析と交通事故への影響の考察, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-40片岡源宗, 吉井稔雄, 二神透, 大口敬: 救急命搬送時間算定モデルの構築, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-39和田健太郎,小林桂子,桑原雅夫:プローブ車両軌跡データのみを用いた交通の量的把握,第 12 回 ITS シンポジウム 2014, 2014.12.
2014-38Sandy Mae Gaspay, Takashi Oguchi, Miho Asano-Iryo and Kentaro Wada:Application of probe data to the estimation of directional volume and travel times, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-37Yan Yang, Takashi Oguchi, Miho Asano-Iryo and Kentaro Wada:Evaluation of parameter distribution of car-following model at expressway bottleneck sag section, 第12回ITSシンポジウム2014(仙台), 2014.12.
2014-36井料(浅野)美帆:駅前広場におけるキスアンドライド車両シミュレーションによる混雑評価,第12回ITSシンポジウム2014(仙台),2014.12.
2014-35大島大輔, 大口敬: シングルグリッドネットワークにおけるグリッドロック現象の発生条件, 土木学会論文集D3・特集号(土木計画学研究・論文集Vol.31), 2014.12.
2014-34張馨,中村英樹,井料(浅野)美帆,陳鵬:横断歩道長と歩行者信号現示を考慮した横断歩行速度のモデル化,土木学会論文集D3, Vol.70, No.5, 2014.12.
2014-33渡部数樹,中村英樹,井料(浅野)美帆:信号交差点改良対策立案のための右直分離制御時の車両挙動分析,土木学会論文集D3, Vol.70, No.5, 2014.12.
2014-32光安皓, 大口敬, 林誠司, 金成修一: 車両の運動状態に着目した電気自動車のエコドライブに関する検討, 土木学会論文集D3・特集号(土木計画学研究・論文集Vol.31), 2014.12.
2014-31片岡源宗, 吉井稔雄, 二神透, 大口敬: 救急命搬送システム評価方法の検討, 土木計画学研究・講演集(鳥取大), 2014.11.
2014-30田村勇二, 市川博一, 光安皓, 大島大輔, 山下浩行, 小野晋太郎, 大口敬, 池内 克史: 市民の交通行動変容を促進する持続可能な生活活動情報フィードバックシステムの効果検証, 土木計画学研究・講演集(鳥取大), 2014.11.
2014-29井料(浅野)美帆:駅前広場におけるキスアンドライド車両による渋滞発生メカニズムの一考察,土木計画学研究・講演集(鳥取大),2014.11.
2014-28S. M. Gaspay, T. Oguchi and M. Iryo: Probe date usage in the estimation of volume, travel time and delay in an intersection: Methodology and Application. Proc. of Infrastructure Planning (JSCE), No.50, 2014.11.
2014-27長島愛, 井料(浅野)美帆, 大口敬: 二方向交差交通流における 歩行者流動特性に関する基礎的分析, 土木計画学研究・講演集(鳥取大), 2014.11.
2014-26小林桂子,和田健太郎,桑原雅夫:プローブ車両軌跡データを用いた交通の量的把握,土木計画学研究発表会,2014.11.
2014-25和田健太郎,佐津川功季:動的利用者均衡状態における MFD の解析: 1 起点多終点ネットワークの場合,土木計画学研究発表会,2014.11.
2014-24王鵬飛,和田健太郎,赤松隆,原祐輔:仙台市一般道路ネットワークにおけるMacroscopic Fundamental Diagramに関する実証研究,土木計画学研究発表会,2014.11.
2014-23和田健太郎,柳沼秀樹,臼井健人:ネットワーク・モデリングに基づく動的交通信号制御問題に対する解法の構築,土木計画学研究発表会,2014.11.
2014-22瀧川翼,和田健太郎,桑原雅夫:ネットワークフローアプローチに基づく系統信号制御問題の定式化,土木計画学研究発表会,2014.11.
2014-21鄭仁成, 洪性俊, 小野晋太郎, 平沢隆之, 山邉茂之, 中野公彦, 大口敬, 須田義大, 池内克史: 右折行動分析による交差点安全対策の効果評価, 自動車技術会秋季学術講演会前刷集, 2014.10.
2014-20S. M. Gaspay, T. Oguchi, S. Hong and D. Oshima: Application of probe data in estimating volume, average travel time and delay in an intersection. Proc. of 21st World Congress on ITS 2014(Detroit), 2014.09.
2014-19Iryo-Asano, M., Alhajyaseen W.K.M. and Nakamura, H.: Analysis and Modeling of Pedestrian Crossing Behavior during Pedestrian Flashing Green Interval, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, in press (available online, DOI: 10.1109/TITS.2014.2346154),2014.09.
2014-18大島大輔, 大口敬: グリッドロック現象の発生とネットワーク交通容量の低下に関する考察, 交通工学研究発表会論文集, 2014.08.
2014-17Goto, A., Nakamura, H. and Asano, M.: Assessment of Road Network Performance with the Concept of Functional Hierarchy, Selected Proceedings of the 13th World Conference on Transport Research, 19 pages, 2014.07.
2014-16Iryo-Asano, M., Alhajyaseen, W.K.M.: Analysis of Pedestrian Clearance Time at Signalized Crosswalks in Japan, 5th International Conference on Ambient Systems, Networks and Technologies (ANT-2014), Procedia Computer Science, Vol.32, pp.301-308, Belgium, 2014.06.
2014-15田沢誠也, 大口敬, 森田綽之: ジャンクション走行時の車両走行加速度/遠心力と道路幾何構造に関する一考察, 土木計画学研究・講演集(東北工業大), 2014.06.
2014-14Kang, N., Nakamura, H. and Iryo-Asano, M.: Estimation of Influencing Factors on Roundabout Capacity at Entry with Crosswalk,土木計画学研究・講演集No.49,8ページ,2014.06.
2014-13井料(浅野)美帆,Alhajyaseen, W.:歩行者信号現示方式とクリアランス時間に関する基礎的考察,土木計画学研究・講演集No.49,8ページ,2014.06.
2014-12王鵬飛,和田健太郎,赤松隆: 時間帯別ボトルネック通行権の最適発行パターン,土木計画学研究発表会,2014.06.
2014-11杉町敏之, 小野晋太郎, 洪性俊, 平沢隆之, 鈴木高宏, 中野公彦, 大口敬, 須田義大, 木平真, 横関俊也: ドライビングシミュレータを用いた交通安全対策の効果評価に関する研究, 自動車技術会春期学術講演会前刷集, 2014.05.
2014-10T. Oguchi, M. Kuwahara, R. Horiguchi, S. Hayashi and M. Yonezawa: Evaluation method and its applications of CO2 emission reduction with ITS applications. Asia-Pacific ITS Forum & Ehibition(Auckland), 2014.04.
2014-09Zeng, W., Chen, P., Nakamura, H. and Iryo-Asano, M.: Application of social force model to pedestrian behavior analysis at signalized crosswalk, Transportation Research Part C: Emerging Technologies, Vol.40, pp.143-159, 2014.03.
2014-08小出公平, 石名坂賢一, 佐々木政秀, 大口敬, 大石岳史, 池内克史: ITSによる持続可能な街づくり・交通社会づくりの方策研究, 生産研究, 2014.03.
2014-07池内克史, 桑原雅夫, 大口敬, 小野晋太郎,大石岳史, 上條俊介, 光安皓, 小出公平, 堀口良太, 飯島護久, 花房比左友, 吉村方男, 亀田佳靖, 森一夫, 田中淳, 松沼毅, 後藤秀典, 長谷川雅人, 須田昌人, 佐々木卓, 岸浩二, 萬沙織, 市川博一, 田村勇二, 大島大輔, 佐々木政秀: 社会的フィードバックシステムによる道路交通からのCO2排出削減 -CO2情報配信システムによる一般市民の気づきと交通行動変容-, 生産研究, 2014.03.
2014-06洪性俊, 山邉茂之, 大口敬, 須田義大: ドライビングシミュレータ実験による車線閉塞時の車線変更挙動の分析, 生産研究, 2014.03.
2014-05大島大輔, 田中伸治, 白石智良, 小宮粋史, 花房比左友, 林誠司, 平井洋, 小根山裕之, 大口敬, 桑原雅夫: シミュレーション技術を用いたCO2排出量推計方法の検証スキームの開発, 生産研究, 2014.03.
2014-04花房比左友, 小林正人, 小出勝亮, 堀口良太, 大口敬: 市街地道路交通を対象としたナウキャストシミュレーションシステムの構築, 生産研究, 2014.03.
2014-03赤塚若久, 大口敬, 大島大輔, 洪性俊, 花房比左友: 充電行動を考慮した電気自動車交通特性の分析, 生産研究, 2014.03.
2014-02T. Tiratanapakhom, T. Oguchi, S. Tanaka, S. Hong and H. Warita: Analyses of route choice and route switching behavior using panel ETC data from Tokyo Metropolitan Expressway. Asian Transport Studies (ATS), Vol.3, No.1, pp.66-80, 2014.03.
2014-01R. Horiguchi and T. Oguchi: A study on car following models simulating various adaptive cruise control behaviors. International Journal of ITS Research, Vol.12, No.1, pp.36-43, DOI: 10.1007/s13177-013-0077-5, 2014.01.

2013年発表

#論文名
2013-43和田新, 稲村肇, 大口敬: 東日本大震災に伴う首都圏高速道路における大型車交通流変化, 運輸政策研究, 2013.
2013-42大口敬, 伊藤麻紀, 水田隆三, 堀口良太, 飯島護久: 東京23区を対象とした大規模災害時交通シミュレーションと交通渋滞緩和策の評価, 交通工学研究発表会論文集, 2013.
2013-41H. Hanabusa, M. Kobayashi, K. Koide, R. Horiguchi and T. Oguchi: Development of the nowcast traffic simulation system using floating car data. Models & Technologies for Intelligent Transportation Systems Models & Technologies for Intelligent Transportation Systems 2013(Dresden), 2013.12.
2013-40Y. Yang, T. Oguchi and S. Hong: Analysis on Spatial Lane-Use Change at Freeway Segments with New Additional Lane. Proc. of Infrastructure Planning (JSCE), No.48, 2013.11.
2013-39S. Gaspay, T. Oguchi, S. Hong and D. Oshima: Methodology for estimating volume and average travel time in an intersection using probe data. Proc. of Infrastructure Planning (JSCE), No.48, 2013.11.
2013-38渋谷公佑, 大口敬,洪性俊: ACC車両の追従挙動に対する追従挙動モデルの比較分析, 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-37竹平誠治, 大口敬: 街路交通の時空間変動と乱横断発生に関する実証研究, 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-36光安皓, 大口敬, 林誠司, 金成修一: 車両の運動状態に着目した電気自動車のエコドライブに関する検討 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-35大島大輔, 大口敬: シングルグリッドネットワークにおけるグリッドロック現象の発生条件, 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-34田沢誠也, 大口敬, 森田綽之: 高低差があるらせん状ジャンクションの幾何構造と走行速度変化等の関係, 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-33片岡源宗, 吉井敏雄, 二神透, 大口敬: 救急救命搬送サービス時間に関する研究, 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-32片岡源宗, 吉井敏雄, 二神透, 大口敬: 救急救命要請頻度に関する分析, 土木計画学研究・講演集(大阪市立大), 2013.11.
2013-31渡部数樹,中村英樹,浅野美帆:右折車両挙動分析とミクロシミュレーションによる安全性評価に関する考察,土木計画学研究・講演集No.48,8ページ,2013.11.
2013-30鄭仁成, 洪性俊, 小野晋太郎, 平沢隆之, 中野公彦, 大口敬, 池内克史, 須田義大, 勘角俊介, 鈴木優: 道路基盤地図情報を活用した交通安全対策の評価手法に関する研究. 第30回日本道路会議 日本道路協会, 2013.10.
2013-29S. Hong, S. Yamabe and T. Oguchi: Analysis of the lane-change behavior at a lane-closure event by driving simulation experiment. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-28T. Tiratanapakhom, T. Oguchi, S. Tanaka, S. Hong and H. Warita: Analyses of route choice and route switching behavior Using ETC data from Tokyo Metropolitan Expressway. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-27R. Zheng, S. Ono, S. Hong, K. Nakano, S. Yamabe, T. Hirasawa, Y. Suda, K. Ikeuchi and T. Oguchi: Preliminary Evaluation of Road-Traffic Safety Countermeasures Utilizing National Digital Map in a Driving Simulator System. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-26K. Koide, K. Ishinazaka, M. Sasaki, T. Oguchi, T. Oishi and K. Ikeuchi: Measure research for realization of sustainable traffic society by ITS. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-25D. Oshima, S. Tanaka, T. Shiraishi, T. Komiya, H. Hanabusa, S. Hayashi, H. Hirai, H. Oneyama, T. Oguchi and M. Kuwahara: Development of a validation scheme for CO2 emission estimation methodology using a simulation model. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-24H. Akatsuka, T. Oguchi, S. Tanaka and H. Hanabusa: Analysis of electric vehicles traffic considering recharging behavior. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-23H. Hanabusa, M. Kobayashi, K. Koide, R. Horiguchi and T. Oguchi: Development of the nowcast traffic simulation system for road traffic in urban area. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-22K. Ikeuchi, T. Oguchi, M. Kuwahara, S. Ono, T. Oishi, S. Kamijo, A. Mitsuyasu, K. Koide, R. Horiguchi, M. Iijima, H. Hanabusa, M. Yoshimura, Y. Kameda, K. Mori, A. Tanaka, T. Matsunuma, H. Goto, M. Hasegawa, M. Suda, S. Sasaki, K. Kishi, S. Yorozu, H. Ichiawa, D. Oshima, Y. Tamura: Social Feedback System for Promoting General Citizens to Change Their Travel Behavior using the CO2 Information System. Proc. of 20th World Congress on ITS 2013(Tokyo), 2013.10.
2013-21S. M. Gaspay, T. Oguchi, S. Hong and D. Oshima: Turning rate estimation at a signalized intersection using porbe data. Proc. of 10th EASTS conference(Taipei), EASTS_ISC-D-13-00286, 2013.09.
2013-20T. Tiratanapakhom, T. Oguchi, S. Tanaka, S. Hong and H. Warita: Analyses of route choice and route switching behavior using panel ETC data from Tokyo Metropolitan Expressway. Proc. of 10th EASTS conference(Taipei), EASTS_ISC-D-13-00062, 2013.09.
2013-19S. Takehira, T. Oguchi and T. Matsunuma: Empirical analysis of the characteristics of undisciplined crossing pedestrians over multilane roadway of urban streets. Proc. of 10th EASTS conference(Taipei), EASTS_ISC-D-13-00163, 2013.09.
2013-18大口敬: 道路計画設計と交通運用技術による安全対策. 安全工学シンポジウム2013講演予稿集, 日本学術会議総合工学委員会, p.36-39, 2013.07.
2013-17D. Oshima, T. Oguchi and S. Tanaka: Study on urban gridlock phenomenon in traffic simulation model. WCTR2013 Rio de Janeiro, 2013.07.
2013-16S. Hong, S. Tanaka, T. Oguchi, H. Warita and Y. Tamura: Dyamic lane operation for merging sections of urban expressway using area traffic flow control. WCTR2013 Rio de Janeiro, 2013.07.
2013-15S. Tanaka, K. Yano and T. Oguchi: Tri-chain estimation for electric vehicle (EV) traffic simulation using entropy model. WCTR2013 Rio de Janeiro, 2013.07.
2013-14S. Takehira, T. Oguchi and N. Izumi: Survey on the characteristics of undisciplined crossing pedestrians over multilane roadway of urban streets. WCTR2013 Rio de Janeiro, 2013.07.
2013-13泉典宏, J. Xing, 野中康弘, 大口敬: わが国の交通容量とサービスの質に関する研究の変遷と現状. 土木計画学研究・講演集(広島工業大), 2013.06.
2013-12花房比佐友,小林正人,小出勝亮, 堀口亮太, 大口敬: 市街地道路交通を対象としたナウキャストシミュレーションシステムの構築. 土木計画学研究・講演集(広島工業大), 2013.06.
2013-11D. Oshima, T. Oguchi, S. Tanaka and R. Horiguchi: Analysis of gridlock phenomenon on urban street network. OPTIMUM2013 Kingscliffe, 2013.04.
2013-10北朴木祥吾,大口敬,田中伸治,洪性俊,大島大輔:エコドライブが信号交差点の交通容量に及ぼす影響評価,生産研究,2013.03.
2013-09ティラタナパコン・タウィン,大口敬,洪性俊,田中伸治,割田博:ETCデータを用いた都市高速道路における交通行動の日変動特性の分析,生産研究,2013.03.
2013-08大島大輔,大口敬,田中伸治:交通シミュレーションを活用した震災時の交通管理施策の評価,生産研究,2013.03.
2013-07大島大輔,田中伸治,白石智良,小宮粋史,花房比佐友,林誠司,平井洋,小根山裕之,大口敬,桑原雅夫:交通シミュレーションを利用したCO2排出量推計手法の検証の取り組み,生産研究,2013.03.
2013-06花房比佐友,小林正人,小出勝亮,堀口亮太,大口敬:市街地道路交通を対象としたナウキャストシミュレーションシステムの構築,生産研究,2013.03.
2013-05洪性俊,山邉茂之,李曙光,大口敬:ドライビングシミュレータを利用した車線閉鎖時の車線変更に必要な区間長の推定,生産研究,2013.03.
2013-04鄭仁成,小野晋太郎,洪性俊,中野公彦,山邉茂之,平沢隆之,牧野浩志,須田義大,池内克史,大口敬:道路基盤地図情報を利用したドライビングシミュレータによる道路交通安全対策の事前評価,生産研究,2013.03.
2013-03光安皓,市川博一,田村勇二,長谷川雅人,須田昌仁,堀口良太,飯島護久,花房比佐友,吉村方男,佐々木卓,萬沙織,小野晋太郎,大口敬,池内克史:環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活交通情報フィードバックシステムの構築に関する基礎調査,生産研究,2013.03.
2013-02池内克史,桑原雅夫,大口敬,上條俊介,大石岳史,小野晋太郎,大島大輔,小出公平,堀口良太,飯島護久,花房比左友,吉村方男,亀田佳靖,森一夫,田中淳,松沼毅,後藤秀典,長谷川雅人,須田昌仁,佐々木卓,岸浩二,萬沙織,市川博一,光安皓,田村勇二,佐々木政秀:市民の行動は変わるか:CO2情報等の配信により一般市民の交通行動変容を促進する社会フィードバックシステムに関する研究,生産研究,2013.03.
2013-01大口敬:高速道路と有効活用するソフトウェア技術としてのITS,高速道路と自動車, Vol.56, No.1, pp.32-33,2013.01.

2012年発表

#論文名
2012-38小根山裕之,松田哲,大口敬,鹿田成則:マイクロ交通流シミュレーションによる車両挙動及びCO2排出量の再現性比較検証,土木学会論文集D3・特集号, Vol.68, No.5, pp.I_1319-I_1329,2012.12.
2012-37吉岡慶祐,米山喜之,宗広一徳,中村英樹,大口敬:実車走行実験に基づくラウンドアバウトと信号交差点のCO2排出量の比較分析,土木学会論文集D3・特集号, Vol.68, No.5, pp.I_1253-I_1259,2012.12.
2012-36大口敬,山口智子,鹿田成則,小根山裕之:信号交差点における損失時間の実証分析-青から右折矢への切替り時のケーススタディ-,土木学会論文集D3・特集号, Vol.68, No.5, pp.I_1175-I_1183,2012.12.
2012-35三浦久,洪性俊,田中伸治,桑原雅夫:首都高速道路における追突事故リスク予測に関するミクロ的分析,土木学会論文集D3・特集号, Vol.68, No.5, pp.I_1143-I_1148,2012.12.
2012-34西村卓也,高松誠治,大口敬:GISを活用した東京の街路構造変遷に関する研究,土木学会論文集D3・特集号, Vol.68, No.5, pp.I_407-I_416,2012.12.
2012-33北朴木祥吾,大口敬,田中伸治,洪性俊,大島大輔:エコドライブが信号交差点の交通容量に及ぼす影響評価,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-32光安皓,市川博一,田村勇二,長谷川雅人,須田昌仁,堀口良太,飯島護久,花房比佐友,吉村方男,佐々木卓,萬沙織,小野晋太郎,大口敬,池内克史:環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活交通情報フィードバックシステムの構築に関する基礎調査,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-31鄭仁成,小野晋太郎,洪性俊,中野公彦,山邉茂之,平沢隆之,牧野浩志,須田義大,池内克史,大口敬:道路基盤地図情報を利用したドライビングシミュレータによる道路交通安全対策の事前評価,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-30花房比佐友,小林正人,小出勝亮,堀口亮太,大口敬:市街地道路交通を対象としたナウキャストシミュレーションシステムの構築,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-29大島大輔,田中伸治,白石智良,小宮粋史,花房比佐友,林誠司,平井洋,小根山裕之,大口敬,桑原雅夫:交通シミュレーションを利用したCO2排出量推計手法の検証,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-28大島大輔,田中伸治,大口敬:交通シミュレーションを活用した震災時の交通管理施策の評価,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-27洪性俊,山邉茂之,李曙光,大口敬:ドライビングシミュレータを利用した車線閉鎖時における車線変更挙動の分析,第11回ITSシンポジウム,2012.12.
2012-26T. Tiratanapakhom, T. Oguchi, S. Tanaka, S. Hong and H. Warita: Analysis of daily variability characteristics of travel behavior on urban expressways using ETC data, 11th Symposium on ITS, 2012.12.
2012-25A. R. Mirza, S. Tanaka, T. Oguchi, and S. Hong: Studying the Effect of Coordination on the Drivers Behavior during Signal Change Intervals at a Typical Intersecion in Tokyo, Japan - Detailed Methodology and Hypotheses, Applied Mechanics and Materials, Vol.253-255, pp.1388-1395, 2012.12.
2012-24村野剛教,代田孝広,桑原雅夫,大口敬:高速道路の交通事故発生予報手法,東芝レビュー, (株)東芝, Vol.67, No.12, pp.23-26,2012.12.
2012-23牧野浩志,平沢隆之,洪性俊,竹平誠治,沼野猛:キープレフトの徹底による歩行者と自転車の通行方法の改善に関する研究,土木計画学研究・講演集, Vol.46,2012.11.
2012-22小出啓明,大口敬,洪性俊:交通信号現示設計方式の違いによる交通処理性能比較分析,土木計画学研究・講演集, Vol.46,2012.11.
2012-21小出勝亮,田中伸治,飯島護久,白石智良,花房比佐友,堀口良太:日本全国規模のネットワークを対象とした交通流シミュレーションの開発,土木計画学研究・講演集, Vol.46,2012.11.
2012-20田中伸治,矢野圭二朗,大口敬,中村文彦,王鋭:交通シミュレーションを用いた電気自動車(EV)充電スタンド配置の検討,土木計画学研究・講演集, Vol.46,2012.11.
2012-19洪性俊,大口敬:ITSの取組み,ITSの取組み, 2012自動車交通研究 - 環境と政策, 日本交通政策研究会, pp.60-61,2012.11.
2012-18D. Oshima, S. Tanaka, and T. Oguchi: Evaluation of traffic control policy in disaster case by using traffic simulation model, 19th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2012.10.
2012-17T. Shirota, Y. Ooba, T. Murano, H. Ueno, M. Kuwahara and T. Oguchi: Development of the traffic accident occurrence forecast logic for expressway with Self-Organizing Map, 19th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2012.10.
2012-16Sungjoon HONG, Shinji TANAKA, and Takashi OGUCHI: Dynamic Lane Operation for Merging Sections of the Tokyo Metropolitan Expressway Network, 19th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2012.10.
2012-15Tawin TIRATANAPAKHOM, Takashi OGUCHI, Shinji TANAKA, Sungjoon HONG, and Hiroshi WARITA: Using ETC data and detector data to derive information of route choices on Tokyo Metropolitan Expressway (MEX), 19th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2012.10.
2012-14Shogo KITAHONOKI, Takashi OGUCHI, Shinji TANAKA, Sungjoon HONG, and Daisuke OSHIMA: An Evaluation of the Effect on Traffic Flow by Moderate Acceleration in Terms of CO2 Emissions, 19th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2012.10.
2012-13桑原雅夫,大畑長,金進英,古市信道,櫻井康博,本間基寛,堀口良太, 花房比佐友,森一夫,浦山利博,佐口治,今井武,津田博之,江藤和昭:データ融合による災害時および平常時のモビリティ情報の生成,第14回日本災害情報学会,2012.10.
2012-12H. Oneyama, T. Oguchi, S. Shikata, and H. Warita: Empirical analysis of ramp preference in the case of accidents on the Metropolitan Expressway, LATSIS 2012, No.53, 2012.09.
2012-11小林正人,堀口良太,花房比佐友,小出勝亮:ネットワーク交通シミュレーショ ンのための時間帯別OD交通量と確率経路選択モデルのロジット感度パラメータ 一括推定プログラムの開発,第32回交通工学研究発表会論文集,2012.09.
2012-10白石智良,赤羽弘和,森田綽之,堀口良太:都市高速道路の感知交通量のバイアス補正手法の開発,第32回交通工学研究発表会論文集,2012.09.
2012-09大島大輔,田中伸治,大口敬:交通シミュレーションを活用した震災時の交通規制施策の評価,第7回防災計画研究発表会,2012.09.
2012-08大口敬:「故障」する交通流システム,都市の脆弱性研究シリーズ:「流れ」に見る脆さとしぶとさ-クリティカルポイントを考える, pp.6-11,2012.07.
2012-07大口敬:交通工学入門第3回「研究の進め方」,交通工学, Vol.47, No.3, pp.82-89,2012.07.
2012-06下川澄雄,内海泰輔,中村英樹,大口敬:道路の階層区分を考慮した交通性能照査手法の意義と課題,土木計画学研究・講演集, Vol.45,2012.06.
2012-05和田新,稲村肇,森地茂,大口敬:東日本大震災に伴う首都圏高速道路における大型車交通流変化,土木計画学研究・講演集, Vol.45,2012.06.
2012-04竹平誠治,大口敬,泉典宏,田中淳,松沼毅,佐藤貴行:大都市における歩行者の幹線道路横断特性に関する実態調査,土木計画学研究・講演集, Vol.45,2012.06.
2012-03大口敬:モータリゼーションと道路交通,自動車技術, Vol.66, No.6, pp.58-63,2012.06.
2012-02大口敬:渋滞対策とITS,道路, Vol.854, pp.12-15,2012.05.
2012-01Sungjoon HONG and Shinji TANAKA: Performance Estimation of a Dynamic Lane Operation for Merging Sections in Tokyo Metropolitan Expressway, Transportation Research Board 91th Annual Meeting, 2012.01.

2011年発表

#論文名
2011-41田中伸治,藤原直生,桑原雅夫:携帯電話からのGPSデータを用いた歩行者の経路選択リンク集合の推定,土木学会論文集D3, Vol.67, No.5,2011.12.
2011-40三浦久,洪性俊,田中伸治,桑原雅夫:首都高速道路における追突事故リスク予測に関するミクロ的分析,第44回土木計画学研究発表会,2011.11.
2011-39矢野圭二朗,田中伸治,大口敬,洪性俊:EV 電池残量を考慮した交通シミュレーションのためのトリップチェイン推定手法の検討,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-38漆間大佑,國井康晴,田中伸治,大口敬,洪性俊:自然及び獲得免疫を利用した交通システムの危険度抑制システムの検討,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-37アーメッド・ミルザ,田中伸治,大口敬,洪性俊:信号切り替え時の運転挙動における系統信号制御の影響,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-36田中伸治,白石智良,小宮粋史,花房比佐友,林誠司,平井洋,桑原雅夫:交通シミュレーションを利用したCO2 排出量推計手法の検証手続きの構築,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-35花房比佐友,小出勝亮,白石智良,小林正人,小宮粋史,堀口良太,田中伸治,桑原雅夫:CO2排出量評価のためのハイブリッドシミュレーション技術の開発,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-34金成修一,林誠司,平井洋,米沢三津夫,木村真,花房比佐友,堀口良太,田中伸治,大口敬,小根山裕之,桑原雅夫:東京23区におけるエコドライブによるCO2削減効果の検討,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-33小出勝亮,飯島護久,白石智良,花房比佐友,堀口良太,田中伸治:階層的な経路選択による日本全国交通シミュレーションシステムの開発,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-32小宮粋史,堀口良太,小出勝亮:センタレスプローブシステム適用時におけるCO2削減効果評価,第10回ITSシンポジウム,2011.11.
2011-31小林正人,堀口良太,大口敬:標高データを活用した簡便な道路縦断勾配推定手 法の開発,第29回日本道路会議,2011.11.
2011-30飯島護久,堀口良太:東日本大震災時のメッシュ交通情報を用いた都区部における交通流動性分析,第29回日本道路会議,2011.11.
2011-29Y. Kawasaki, A. Tanaka, H. Goto, J. Takada, H. Warita, S. Hong, S. Tanaka and M. Kuwahara: Research on Mechanisms to Provide Attention-Attracting Information Effective in Preventing Rear-End Collisions, 18th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2011.10.
2011-28Y. Moriyama, M. Mitsuhashi, M. Ishiguro, S. Hirai, J. Kikuchi and T. Oguchi: Trial for the change in lane operation in the section with an auxiliary-lane section., 18th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2011.10.
2011-27H. Hanabusa, T. Shiraishi, K. Koide, R. Horiguchi, S. Tanaka, M. Kuwahara, T. Oguchi and H. Oneyama: Development of a hybrid Traffic simulation framework for environmental evaluation for ITS applications, 18th World Congress on Intelligent Transport Systems, 2011.10.
2011-26H. Hanabusa and R. Horiguchi: A Study of the Analytical Method for the Location Planning of Charging Stations for Electric Vehicles, 15th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems, 2011.09.
2011-25S. Tanaka, T. Komiya, H. Hanabusa, S. Hayashi, R. Horiguchi and M. Kuwahara: An Arrangement of Benchmark Dataset for Model Validation in CO2 Emission Volume Estimation, 2nd International Workshop on Traffic Data Collection & its Standardisation, 2011.09.
2011-24小出啓明,大口敬,鹿田成則,小根山裕之:歩行者信号表示に着目した車両挙動分析,交通工学研究発表会論文報告集, No.31,2011.09.
2011-23M. Mitsuhasi, Y. Moriyama, M. Ishiguro and T. Oguchi: Lane change experiment that was aimed at reducing a traffic congestion, PIARC 24th World Road Congress 2011, 2011.09.
2011-22田中草平,小根山裕之,高松誠治,大口敬,鹿田成則:商業集積地における街路の接続関係と店舗構成の実証分析,土木学会年次学術講演会概要集, No.66, 2p.,2011.09.
2011-21大口敬:高速道路単路部ボトルネック現象の原因となる車群形成メカニズムに関する基礎的研究,講演, 高速道路関連社会貢献協議会, 平成22年度研究成果報告会,2011.07.
2011-20洪性俊,大口敬:多車線高速道路における統合型速度推定モデル,土木学会論文集D3, Vol.67, No.3, pp.244-260,2011.07.
2011-19中村英樹,大口敬:性能照査型道路計画設計の導入に向けて,土木学会論文集D3, Vol.67, No.3, pp.195-202,2011.07.
2011-18大口敬,中村英樹:日本における交通容量・サービスの質に関する研究の概観と展望,土木学会論文集D3, Vol.67, No.3, pp.217-229,2011.07.
2011-17Y. Moriyama, M. Mitsuhashi, S. Hirai and T. Oguchi: The effect on improving traffic capacity by operational lane change test, Procedia - Social and Behavioral Sciences, Vol.16, pp.37-47, 2011.06.
2011-16H. Nakamura and T. Oguchi: Present state of capacity and quality of service research and practice in Japan, Country Reports of the 6th International Symposium on Highway Capacity and Quality of Service (ISHC2011), pp.38-51, 2011.06.
2011-15吉岡慶祐,米山喜之,宗広一徳,中村英樹,大口敬:実車走行実験に基づくラウンドアバウトと信号交差点のCO2排出量の比較分析,土木計画学研究・講演集, No.43, 5p.,2011.06.
2011-14下川澄雄,内海泰輔,中村英樹,大口敬:道路の階層区分を考慮した交通性能照査手法の提案,土木計画学研究・講演集, No.43, 6p.,2011.06.
2011-13内海泰輔,中村英樹,大口敬:性能照査型道路計画設計における設計交通量の考え方,土木計画学研究・講演集, No.43, 5p.,2011.06.
2011-12野中康弘,村重至康,大口敬:都市間高速道路単路部におけるボトルネック探索手法の体系化,土木計画学研究・講演集, No.43, 7p.,2011.06.
2011-11永野峻祐,小根山裕之,大口敬,鹿田成則:形態素解析を用いたアンケート調査自由記述欄の分析手法に関する研究~路面電車利用意識調査データを用いたケーススタディ~,土木計画学研究・講演集, No.43, 8p.,2011.06.
2011-10小根山裕之,廬書傑,大口敬,鹿田成則:CO2排出量推計における平均速度モデルの適用方法に関するシミュレーション分析,土木計画学研究・講演集, No.43, 8p.,2011.06.
2011-09滝川遼,大口敬,小根山裕之,鹿田成則:ラウンドアバウト実道社会実験における走行実験の事前事後比較,土木計画学研究・講演集, No.43, 4p.,2011.06.
2011-08大口敬,山口智子,鹿田成則,小根山裕之:信号交差点における損失時間の実証分析,土木計画学研究・講演集, No.43, 8p.,2011.06.
2011-07H. Hamaoka, Y. Yoneyama, T. Oguchi, H. Nakamura and T. Takase: Safety analysis towards introducing roundabouts in Japan, 3rd International Roundabaout Conference, 2011.05.
2011-06M. Mitsuhasi, Y. Moriyama, M. Ishiguro and T. Oguchi: Lane change experiment that was aimed at reducing a traffic congestion, PIARC International Seminar 2011, 2011.04.
2011-05A. Nakasone, H. Prendinger, M. Miska, M. Lindner, R. Horiguchi and M. Kuwahara: OpenEnergySim: A 3D Internet Based Experimental Framework for Integrating Traffic Simulation and Multi-User Immersive Driving, SimulationWorks 2011, 2011.03.
2011-04三浦久,洪性俊,田中伸治,桑原 雅夫:首都高速道路における追突事故リスク予測に関するミクロ的分析,生産研究, Vol.63, No.4, pp.447-450,2011.09.
2011-03桑原雅夫,堀口良太,平井洋,田中伸治,Mark Miska,米沢三津夫,林誠司,金 成修一,花房比佐友,小宮粋史,洪性俊,大口敬,小根山裕之:エネルギーITSプロジェクト-国際的に信頼されるITS施策効果評価方法の確立-,生産研究, Vol.63, No.2, pp.149-154,2011.02.
2011-05小出勝亮,田中伸治,白石智良,飯島護久,堀口良太:グリッドコンピューティ ングによる日本全国交通シミュレーションシステムの開発,生産研究, Vol.63, No.2, pp.43-46,2011.02.
2011-01K. Tang, T. Ono, S. Tanaka and M. Kuwahara: Re-Examination of Lost-Time Estimation and Intergreen Time Design for Right-Turn Traffic at Signalized Intersections in Japan, Asian Transport Studies, Vol.1, Issue 4, 2011.

2010年以前発表

#論文名
2010-50Keshuang TANG, Masao KUWAHARA, Shinji TANAKA: Design of Intergreen Times based on Safety Reliability, Transportation Research Board 90th Annual Meeting,2010.
2010-49吉井稔雄,桑原雅夫:右直混用レーンにおける右折可能交通容量.交通工学,Vol. 45, No. 1,pp. 68-75,2010.
2010-48大口敬,大野敬,坂本邦宏,高橋勝美,野坂周子,堀口良太:座談会「これからの交通技術者教育」.交通工学,Vol. 45, No. 1,2010.
2010-47Keshuang Tang, Takeshi Ono, Shinji Tanaka, Masao Kuwahara:A Proposal for the Estimation of Loss Time of Right-Turn Traffic at Signalized Intersections in Japan.Transportation Research Board 89th Annual Meeting,CD-ROM,2010.
2010-46Rui Wang, Hiroshi Warita, Masao Kuwahara:Travel Time Standard Score as a New Measure of Travel time Reliability.Transportation Research Board 89th Annual Meeting,CD-ROM,2010.
2010-45Traffic Data Collection and its Standardization (International Series in Operations Research & Management Science, Vol. 144). Jaume Barcelo and Masao Kuwahara. Springer, 2010.
2010-44Fundamentals of Traffic Simulation (International Series in Operations Research & Management Science): Traffic Simulation with AVENUE. Masao Kuwahara, Ryota Horiguchi, and Hisatomo Hanabusa. Springer, 2010.
2010-43Traffic Data Collection and its Standardization (International Series in Operations Research & Management Science, Vol. 144): International Traffic Database: Gathering traffic data fast and intuitive. M. Miska, H. Warita, A. Torday, and M. Kuwahara. Springer, 2010.
2010-42Traffic Data Collection and its Standardization (International Series in Operations Research & Management Science, Vol. 144): Traffic Data Collection and its Standardization. J. Barcelo, M. Kuwahara, and M. Miska. Springer, 2010.
2010-41須田義大,池内克史,桑原雅夫,田中敏久,中野公彦,橋本秀紀,牧野浩志,坂本慎一,鈴木高宏,田中伸治:先進モビリティにおける分野融合研究の試み.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 119-124,2011.2.
2010-40小出勝亮,田中伸治,白石智良,飯島護久,堀口良太:グリッドコンピューティングによる日本全国交通シミュレーションシステムの開発.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 159-162,2011.2.
2010-39田中悠樹,田中伸治,桑原雅夫:交差点錯綜区間のドライバモデルの構築および検証.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 169-172,2011.2.
2010-38三浦久,洪性俊,割田博,田中伸治,桑原雅夫:首都高速道路における追突事故リスク予測に関するミクロ的分析.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 173-177,2011.2.
2010-37江天,ミスカマーク,田中伸治,桑原雅夫:車両感知器の設置位置効率化のための交通データ収集システムの分析.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 179-183,2011.2.
2010-36中野寿男,田中伸治,桑原雅夫,國井康晴:錯綜区間における免疫ネットワークを用いた車両間協調システムの有効性評価.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 185-190,2011.2.
2010-35桑原雅夫,堀口良太,平井洋,田中伸治,ミスカマーク,米沢三津夫,林誠司,金成修一,花房比佐友,小宮粋史,洪性俊,大口敬,小根山裕之:エネルギーITSプロジェクト-国際的に信頼されるITS施策効果評価方法の確立-.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 265-270,2011.2.
2010-34田中伸治,須田義大,牧野浩志,平沢隆之:駐車場ITSの研究開発.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 271-274,2011.2.
2010-33牧野浩志,田中伸治,平沢隆之,服部有里子,齋藤卓,青木新二郎:車両IDを活用した複数駐車場の連携管理システムの開発.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 275-280,2011.2.
2010-32中元達也,ミスカマーク,田中伸治:動的情報提供によるパーク&ライド適用可能性に関する研究.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 281-286,2011.2.
2010-31須田義大,中野公彦,田中伸治,平沢隆之,牧野浩志,中川智皓,平山遊喜:パーソナルモビリティ・ビークルの試作と環境・高齢社会への適応性に関する基礎的検討.生産研究,Vol. 63,No. 2,pp. 287-292,2011.2.
2010-30田中伸治,片岡源宗:都心道路空間の有効活用による混雑緩和方策の検討.生産研究,Vol. 62,No. 4,pp. 431-434,2010.
2010-29Tian Jiang, Marc Miska and Masao Kuwahara:Detector Placement Optimization Based on DTA and Empirical Data.Proceedings of the 3rd International Symposium on Dynamic Traffic Assignment,2010.
2010-28S. Hong, S. Tanaka, and M. Kuwahara:Evaluation Method of Dynamic Channelization Strategy for Merging Sections.Proceedings of the 12th World Conference on Transport Research,2010.
2010-27Tian Jiang, Marc Miska, Masao Kuwahara and Shinji Tanaka:Assessment of Traffic Detection in a Highway Network.Proceedings of the 12th World Conference on Transport Research,2010.
2010-26Tang, K., Kang, N., and Nakamura, H.:Performance Evaluation of Adaptive Group-based Signal Control through a Field Test in Japan.Proceedings of the 12th World Conference on Transport Research,2010.
2010-25R. Wang, R. Horiguchi, S. Tanaka and M. Kuwahara:An Analitical Method for Intersection Enterning Traffic Flow Estimation.Proceedings of the 7th International Conference on Traffic and Transportation Studies,2010.
2010-24Tian Jiang, Marc Miska, Masao Kuwahara, Arturo Nakasone and Helmut Prendinger:Microscopic Simulation for Virtual Worlds with Self-driving Avatars.Proceedings of the 13th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems,2010.
2010-23Tian Jiang, Marc Miska and Masao Kuwahara:Highway Network Analysis and Detection Assessment Framework.Proceedings of the 17th World Congress on Intelligent Transportation Systems,2010.
2010-22Shinji TANAKA, Takayuki HIRASAWA, Hiroshi MAKINO, Toshihisa TANAKA, Katsushi IKEUCHI, Yoshihiro SUDA and Masao KUWAHARA:ITS FOT PLAN IN KASHIWA CITY, JAPAN.Proceedings of the 17th World Congress on Intelligent Transportation Systems,2010.
2010-21Takayuki HIRASAWA, Hiroshi MAKINO, Yoshihiro SUDA,Shinji TANAKA and Masao KUWAHARA::Concept Design of a Novel Park and Ride Service using 5.8GHz DSRC for ITS FOT in Kashiwa.Proceedings of the 17th World Congress on Intelligent Transportation Systems,2010.
2010-20R. Horiguchi, H. Hanabusa, M. Kuwahara, S. Tanaka, T. Oguchi, H. Oneyama, H. Hirai and S. Hayashi:Validation Scheme for Traffic Simulation to Estimate Environmental Impactsin 'Energy-ITS Project'.Proceedings of the 17th World Congress on Intelligent Transportation Systems,2010.
2010-19Mehran, B., Naznin, F., Kuwahara, M., Hanabusa, and H., Horiguchi, R.:Data Fusion Concept to Estimate Vehicle Trajectories on Urban Arterials’.Proceedings of the 17th World Congress on Intelligent Transportation Systems,2010.
2010-18Tian Jiang, Marc Miska and Masao Kuwahara:Highway Detection System Assessment.Japan Society of Civil Engineers 37th Conference of Kanto Branch, Poster Session,2010.
2010-17Naznin, F., Mehran, B. and Kuwahara, M.:Data Fusion Prototype for Dynamic Signal Coordination on Urban Corridors.Proceedings of the 41st Infrastructure Planning Conference of Japan Society of Civil Engineering,2010.
2010-16洪性俊,大口敬:性能照査型道路計画設計に基づく登坂車線の設計概念.第41回土木計画学研究発表会・講演集,2010.
2010-15Nan, K., Alhajyaseen, W., Nakamura, H., Asano, M., and Tang, K.:Evaluation of Group-based Signal Control through Field Operational Tests .Proceedings of the 41st Infrastructure Planning Conference of Japan Society of Civil Engineering,2010.
2010-14桑原雅夫,平井洋,米沢三津夫,林誠司,金成修一,田中伸治,マーク・ミスカ,洪性俊,堀口良太,花房比佐友,小宮粋史,大口敬,小根山裕之:エネルギーITS プロジェクト-国際的に信頼されるITS 施策効果評価方法の確立-.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-13田中悠樹,田中伸治,桑原雅夫,白石智良,花房比佐友:ミクロ交通シミュレーションの交差点部ドライバモデルの構築および検証.第9回ITSシンポジウム ,2010.
2010-12中野寿男,國井康晴,田中伸治,桑原雅夫:錯綜区間における免役ネットワークを用いた車両間協調システムの有効性評価.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-11ウォルファマン・アクセル,桑原雅夫:粒子群最適化を利用した道路ネットワークの系統信号制御のシミュレーション評価手法.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-10マーク・ミスカ,桑原雅夫:サグカーブのナノスコピック交通シミュレーション.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-09川崎洋輔,田中淳,後藤秀典,高田潤一郎,割田博,洪性俊,桑原雅夫:首都高速道路における多様なデータを用いた事故要因分析.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-08三浦久,洪性俊,田中伸治,桑原雅夫,割田博,田中淳,後藤秀典,高田潤一郎,川崎洋輔:首都高速道路における追突事故リスク予測に関するミクロ的分析.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-07須田義大,池内克史,桑原雅夫,田中敏久,中野公彦,橋本秀紀,牧野浩志,坂本慎一,鈴木高宏,田中伸治:先進モビリティにおける分野融合研究の試み.第9回ITSシンポジウム,2010.
2010-06Tian Jiang, Marc Miska, Shinji Tanaka and Masao Kuwahara:Highway Detection Variation Analysis Based on Traffic State.9th Intelligent Transportation Systems Symposium,2010.
2010-05Ootashiro, Y., Tang, K., and Kuwahara, M.:An International Comparative Study on Driver Risk Exposure during the Intergreen Interval.9th Intelligent Transportation Systems Symposium,2010.
2010-04藤原直生, 田中伸治, 桑原雅夫:携帯電話からのGPSデータを用いた歩行者の経路選択肢集合生成.生産研究,Vol. 62,No. 4,pp. 435-438,2010.
2010-03桑原雅夫:先進モビリティ研究センターのVisionとMission.生産研究,Vol. 62,No. 2,pp. 125-127,2010.2.
2010-02田中伸治:ITSを活用した交通運用マネジメント.生産研究,Vol. 62,No. 2,pp. 141-142,2010.
2010-01洪性俊,田中伸治,桑原雅夫:首都高速道路の合流部における動的可変チャネリゼーション導入効果の評価手法に関する研究.生産研究,Vol. 62,No. 2,pp. 158-163,2010.2.
2009-31Shinji TANAKA, Motomune KATAOKA : Proposal of Efficient Road Space Utilization in Urban Arterial Street, 8th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia,2009.
2009-30Shinji TANAKA, Akira IWANAGA, Masao KUWAHARA : Feasibility study of peak-hour road shoulder lane utilization in urbanized motorways, 2nd International Symposium on Freeway and Tollway Operations,2009.
2009-29K. Tsukui, H. Hanabusa, H. Oneyama, Y. Oshino, and M. Kuwahara:CO2 and Noise Evaluation Model Linked with Traffic Simulation for a Citywide Area.International Journal of ITS Research,Vol. 7, No. 1,2009.
2009-28Y. Murashige, T. Shitama, and R. Horiguchi:Travel Time Prediction on Inter-Urban Expressways Based on Uplink Information.International Journal of ITS Research,Vol. 7, No. 2,2009.
2009-27桑原雅夫:産学連携活動 産業界との協力.生産研究,Vol. 61,No. 3,pp. 241,2009.
2009-26小野剛志, 唐克双, 田中伸治, 桑原雅夫:信号切り替わり時における右折車の損失時間の分析.生産研究,Vol. 61,No. 4,pp. 747-750,2009.
2009-25田中伸治, 花房比佐友, 堀口良太, 桑原雅夫:交通シミュレーションのグリッドロック問題解消策の検討.生産研究,Vol. 61,No. 4,pp. 751-754,2009.
2009-24Miho Asano, Takamasa Iryo, Masao Kuwahara:A Pedestrian Model considering Anticipatory Behaviour for Capacity Evaluation.18th International Symposium on Transportation and Traffic Theory,CD-ROM,2009.
2009-23Traffic Simulation for an Expressway Toll Plaza Based on Successive Vehicle Tracking Data: Chapter 11 Transport Simulation - Beyond Traditional Approaches. R. Horiguchi, T. Shitama, H. Akahane, and J. Xing. EPFL Press, 2009.
2009-22Transport Simulation beyond Traditional Approaches: Pedestrian Simulation taking into account Stochastic Route Choice and Multidirectional Flow. Miho Asano, Masao Kuwahara, and Agachai Sumalee. EPFL Press, 2009.
2009-21唐克双:用語と解説 ムーブメント制御.交通工学,Vol. 44, No. 3,2009.
2009-20桑原雅夫:交通シミュレーションによる環境評価と展望.騒音制御,Vol.33, No.1,2009.
2009-19Keshuang TANG, Takeshi ONO, and Masao KUWAHARA:REEXAMINATION OF LOSS TIME ESTIMATION AND INTERGREEN TIME DESIGN FOR RIGHT-TURN TRAFFIC AT SIGNALIZED INTERSECTIONS IN JANPAN.Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol. 7,CD-ROM,2009.
2009-18花房比佐友,飯島護久,堀口良太:リアルタイム信号制御アルゴリズムのためのプローブ情報を利用した遅れ時間評価.第8回ITSシンポジウム論文集,,CD-ROM,2009.
2009-17洪性俊,田中伸治,桑原雅夫:首都高速道路の合流部における動的可変チャネリゼーション導入効果の評価手法に関する研究.土木計画学研究・講演集,Vol. 40,CD-ROM,2009.
2009-16Marc Miska, Tian Jiang and Masao Kuwahara:Towards Cost Efficient Traffic Data Collection.土木計画学研究・講演集,Vol. 40,CD-ROM,2009.
2009-15松本麻美, Miska, M., 桑原雅夫:交錯交通及び混雑時における歩行者属性に応じた挙動の観察.土木計画学研究・講演集,Vol. 40,CD-ROM,2009.
2009-14藤原直生, Miska, M., 田中伸治:歩行者の経路選択肢集合生成を目的とした携帯電話端末からのGPSデータ活用方法.土木計画学研究・講演集,Vol. 40,CD-ROM,2009.
2009-13Dias, Ch., Miska, M., Kuwahara, M.:Relationship between Congestion and Traffic Accidents on Expressways - An Investigation with Bayesian Belief Networks.土木計画学研究・講演集,Vol. 40,CD-ROM,2009.
2009-12Babak MEHRAN, Julien MONTEIL and Masao KUWAHARA:A DATA FUSION TECHNIQUE TO ESTIMATE TRAVEL TIME FROM SPARSE AVI AND PROBE DATA ON URBAN STREETS.土木計画学研究・講演集,Vol. 40,CD-ROM,2009.
2009-11洪性俊, 割田博, 桑原雅夫:首都高速道路における個別車両ベースの自由流速度の分布特性.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-10稲富貴久,割田博,桑原雅夫,佐藤光:首都高速道路におけるETCデータを用いたドライバーの行動特性分析.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-09田村勇二,割田博,桑原雅夫,佐藤光:首都高速道路における流入制御を見据えた入口転換行動のパタン化への挑戦.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-08西内裕晶,吉井稔雄,桑原雅夫,Marc MISKA,割田博:首都高速道路におけるランプ間OD交通量データの独立性.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-07岡田知朗,桑原雅夫,森田綽之,割田博:都市内高速道路における待ち行列を考慮した流入制御モデルの構築と適用.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-06稲富貴久,割田博,桑原雅夫,佐藤光:首都高速道路における事故時車線閉塞時間予測に関する研究.第29回交通工学研究発表会論文集,pp. 207-300,2009.10.
2009-05船岡直樹,割田博,桑原雅夫,佐藤光:首都高速道路における突発的ボトルネック判定手法構築に関する研究.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-04Rui WANG, Ryota HORIGUCHI and Masao KUWAHARA:AN ANALYTICAL APPROACH FOR DESCRIBING DISTRIBUTION OF INTERSECTION ENTERNING TRAFFIC FLOW ON A GRID ROAD NETWORK.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-03Miska, M., Warita, H., Kuwahara, M.:Analysis of Tokyo Metropolitan Expressway's demand using ETC-OD data.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-02片岡源宗,熊谷靖彦,中川敏正,山口大助,田中伸治,須田義大,桑原雅夫:ドライビングシミュレータを用いた国道32号渋滞緩和策の安全性検証.土木計画学研究・講演集,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2009-01Tian Jiang, Sungjoon Hong, Shinji Tanaka, Masao Kuwahara, and Hiroshi Warita:OD Volume Fluctuation Analysis for Tokyo Metropolitan Expressway by ETC Data.Proceedings of Infrastructure Planning,Vol. 39,CD-ROM,2009.
2008-58Ponlathep LERTWORAWANICH, Masao KUWAHARA, and Marc MISKA : A Signal Control for Oversaturated Networks, Seisan Kenkyu, Institute of Industrial Science, University of Tokyo,2008.
2008-57Shamas BAJWA, Geetha WEERASOORIYA, Majid SARVI, Masao KUWAHARA : AN ALGORITHM FOR TRANSIT SIGNAL PRIORITY SYSTEMS, Transportation Research Record,2008.7.
2008-56PHAM, M.H., DE MOUZON, O., CHUNG, E. and DUMONT, A.-G. (2008). Sensitivity of risk indicators under motorway traffic regimes clustered by self-organizing map. 7th European Congress on ITS, Geneva, Switzerland,2008.
2008-55PHAM, M.H., DE MOUZON, O., CHUNG, E. and EL FAOUZI, N.E. (2008). Sensitivity of road safety indicators in normal and crash cases. 10th International Conference on Application of Advanced Technologies in Transportation, Athens, Greece.,2008.
2008-54DE MOUZON, O., PHAM, M.H., EL FAOUZI, N.E. and CHUNG, E. (2008). An effective real-time proactive road traffic risk indicator based on traffic data: compensated platoon braking time risk (CPBTR). 7th European Congress on ITS, Geneva, Switzerland.,2008.
2008-53DE MOUZON, O., EL FAOUZI, N.-E., PHAM, M.-H. and CHUNG, E. (2008) Can safety indicators assess and monitor road traffic risk in real-time? Investigation of two safety indicators on Swiss motorways. Advances in Transportation Studies an International Journal, Section B (16), pp. 81-96,2008.
2008-52BHASKAR, A., E. CHUNG, DE MOUZON, O. and DUMONT, A.-G. (2008). Analytical Modelling and Sensitivity Analysis for Travel Time Estimation on Signalised Urban Network. 87th Annual Meeting of Transportation Research Board, Washington, D.C.,2008.
2008-51BHASKAR, A., CHUNG, E. & DUMONT, A.-G. (2008) Benefits and Issues of Urban Network Travel Time Prediction. 7th European Congress on ITS. Geneva, Switzerland.
2008-50BERT, E., CHUNG, E., BARCELO, J. and DUMONT, A.-G. (2008). Urban Dynamic Origin-Destination Matrices Estimation, 15th ITS World Congress, New York, November 16-20(Paper being reviewed),2008.
2008-49BERT, E., CHUNG, E., BARCELO, J. and DUMONT, A.-G. (2008). Mesoscopic simulator data to perform dynamic origin-destination matrices estimation in urban context. 3rd International Symposium of Transport Simulation, Queensland, Australia.,2008.
2008-48BERT, E., CHUNG, E. and DUMONT, A.-G. (2008). Approach for dynamic origin-destination matrices estimation in urban context. 7th European Congress on ITS. Geneva, Switzerland.,2008.
2008-47BAJWA, S., BEKHOR, S., KUWAHARA, M. and CHUNG, E. (2008). Discrete choice modelling of combined mode and departure time. Transportmetrica, Vol. 4, No.2, pp. 155-177,2008.
2008-46Keshuang Tang and Hideki Nakamura:THE IMPACTS OF GROUP-BASED SIGNAL CONTROL POLICY ON DRIVER BEHAVIOR AND INTERSECTION SAFETY. Journal of International Association and Safety Sciences, Vol.32, No.2, pp.81-94,2008.
2008-45Masao Kuwahara : Recent Simulation Models for Environmental Impact Studies & International Traffic Database, Discover CUBE Seminar, Nihon University, Tokyo, 2008.12.
2008-44Masao Kuwahara : Evaluating Social Problems using Transport Simulation, Workshop on Transportation Researches for Urban Safety, International Center for Urban Safety Engineering (ICUS), Institute of Industrial Science (IIS), University of Tokyo, Regional Network Office for Urban Safety (RNUS), School of Engineering and Technology, Asian Institute of Technology (AIT), Bangkok, 2008.12.
2008-43Masao Kuwahara : Dynamic Traffic Management Sustainable ITS Project, ITS Seminar, Advanved Mobility Collaborative Research Center, Institute of Industrial Science, Singapor, 2008.7.
2008-42Miho Asano, Masao Kuwahara, Takamasa Iryo, Agachai Sumalee: Pedestrian simulation modeling: mesoscopic and microscopic approaches, Proceedings of International Workshop on Recent Advances in Transport, MARRAKECH, MOROCCO 7 - 8,2008.5.
2008-41Masao Kuwahara : Data Driven Approach for Urban Expressway Management and International Traffic Database, Proceedings of International Workshop on Recent Advances in Transport MARRAKECH, MOROCCO 7 - 8,2008.5.
2008-40Masao Kuwahara, Martin Fellendorf, and Manfred Boltze : Statements on Traffic Management and Traffic Engineering, Workshop and Congress, Traffic and Transport 2030, Darmstadt, 2008.2
2008-39Marc Miska : International Traffic Database, International Workshop on Traffic data Collection & its Standardization, Barcelona, 2008.9
2008-38Masao Kuwahara : Traffic data availability and its standardization, International Workshop on Traffic data Collection & its Standardization, Barcelona, 2008.9
2008-37Marc Miska and Masao Kuwahara : International Traffic Database - Gathering Traffic Data Fast and Intuitive: A Japan Perspective, Workshop on Transportation Data Needs for Transportation Studies/Modeling/ITS Applications, ITE Western District - San Francisco Bay Area Section, JOINT PROGRAM WITH INTELLIGENT TRANSPORTATION SOCIETY OF CALIFORNIA (ITS-CA), 2008.11.
2008-36Miho Asano, Agachai Sumalee, Masao Kuwahara, and Shinji Tanaka : Dynamic Cell Transmission-Based Pedestrian Model with Multidirectional Flows and Strategic Route Choices, Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board,No. 2039, pp. 42-49, 2008.1.
2008-35SHAMAS BAJWA, SHLOMO BEKHOR, MASAO KUWAHARA AND EDWARD CHUNG:DISCRETE CHOICE MODELING OF COMBINED MODE AND DEPARTURE TIME, Transportmetrica, Vol. 4, No. 2 , 155-177, 2008
2008-34Nikolas Geroliminis and Masao Kuwahara:The use of telematics to monitor traffic in urbanareas: Theory and Applications, Proceedings of the 11th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems, ITSC 2008, 2008.9.
2008-33Manfred Boltze, Martin Fellendorf, Masao Kuwahara, Axel Wolfermann: Traffic Management - The Key to More Efficiency in Road Traffic・Traffic and Transport 2030 Visions, Concepts, Technologies, pp35-42, 2008.2.
2008-32Charitha Dias, Marc Miska, Masao Kuwahara: Traavel Time Estimation on Arterial Roads using Probe Data and Bayesian Network Learning, International Journal of ITS Research, Vol. 6, No.2, 2008.12.
2008-31Julie PELATA, Shamas ul Islam BAJWA, Masao KUWAHARA, and Hiroshi WARITA: Travel Time Variability and Route Identification Based on ETC-OD Data・生産研究,Vol.60(2008),No. 4,pp.64-67, 2008.4.
2008-30Geetha Nandani WEERASOORIYA, Shamas ul Islam BAJWA, Masao KUWAHARA, and Majid SARVI: An Improved Bus Signal Priority Model・生産研究,Vol.60(2008),No. 4,pp.59-63, 2008.4.
2008-29Miho ASANO, Takamasa IRYO, Masao Kuwahara : Microscopic Pedestrian Simulation Model for Flow Evaluation Incorporating Anticipatory Behaviour, Proceedings of 3rd International Symposium on Transport Simulation, Gold Coast, Australia, 2008.8.
2008-28Rui Wang, Masatoshi Wako and Masao Kuwahara (2008): Simplification of Macroscopic Simulation by Combination of an Analytical Method for Estimating Intra-Zone Traffic, 15th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM, New York, U.S., 2008.11.
2008-27Masao kuwahara, Shinji Tanaka: Urban Transport Data Fusion and Advanced Traffic Management for Sustainable Mobility・Spatial Data Infrastructure for Urban Regeneration,2008.
2008-26坪田隆宏, 桑原雅夫:限界時間の均衡化による動的システム最適配分に関する研究, 第37回土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM,2008.6.
2008-25田村勇二, 割田博, 桑原雅夫, 佐藤光, 岡田知朗:首都高速道路における流入制御時の入口転換行動分析, 第37回土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM,2008.6.
2008-24秋元健吾, 小根山裕之, 西内裕晶, 割田博, 桑原雅夫:ETCデータを用いた首都高速道路のランプ入口・出口選択行動に関する実証分析, 第37回土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM,2008.6.
2008-23岡田知朗,桑原雅夫,森田綽之,割田博:都市内高速道路のボトルネック遅れ時間最小化のための流入制御モデルの構築, 第37回土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM,2008.6.
2008-22新井寿和,割田博,桑原雅夫:都市高速道路における自由流速度への影響要因に関する研究, 交通工学, Vol.43, No.5, 2008.9.
2008-21丸澤紀誠, 田中伸治, 桑原雅夫:時間分散による混雑緩和方策の実現可能性の検討, 生産研究, Vol. 60, No. 3, pp.237-241, 2008.
2008-20大口 敬, 中村英樹, 桑原雅夫:交通需要の時空間変動を考慮した新たな道路ネットワーク計画設計試論, 第37回土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM,2008.6.
2008-19中村英樹, 大口敬, 桑原雅夫, 森田綽之, 尾崎晴男:道路機能に対応した性能目標照査型道路計画・設計手法論の研究開発, 道路政策の質の向上に資する技術研究開発, 成果報告レポート, No.17-3, 2008.7.
2008-18中村英樹, 大口敬, 森田綽之, 桑原雅夫, 尾崎晴男:機能に対応した道路幾何構造設計のための道路階層区分の試案, 第37回土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM,2008.6.
2008-17桑原雅夫:交通流シミュレーションと関連技術の発展と活用, 交通流シミュレーションの活用と関連技術に関する調査研究勉強会, 阪神高速道路株式会社, 社団法人交通工学研究会・株式会社交通システム研究所,2008.
2008-16桑原雅夫:高速道路の交通技術に関する講習会, 高速道路の交通技術-最近の研究から-, 高速道路技術センター, 2008.11.
2008-15桑原雅夫:交通シミュレーションを用いた評価と設計, (社)日本騒音制御工学会平成20(2008)年秋季研究発表会, 2008.9.
2008-14桑原雅夫:交通シミュレーション:成果と展望, 自動車研究, 日本自動車研究所, <ITS 特集>, 第30巻, 第10号, 2008.10.
2008-13桑原雅夫:東大ITSセンターにおける最近の取組み「ITSセンター先進モビリティ連携研究センター」第8回産学連携フェアセミナー, 東京大学ITSセミナーシリーズ⑤, 資料集, 北九州学術研究都市, 2008.10.
2008-12桑原雅夫:東大ITSセンターにおける取組み「ITSを活用したダイナミック交通解析」, 北海道ITSセミナー, 東京大学ITSセミナーシリーズ④, 資料集, 2008.7.
2008-11桑原雅夫:東大ITSセンターにおける取組み「ITSを活用したダイナミック交通解析」, 北九州ITSセミナー, 東京大学ITSセミナーシリーズ③, 資料集, 2008.3.
2008-10桑原雅夫:三位一体の計画・設計・運用, 新しい土木計画学を考えるシンポジウム講演集, 北海道大学, 2008.6.
2008-09桑原雅夫:階層を考慮した道路ネットワークの考え方、第2回シンポジウム「道路計画と設計のあり方」~いまこそ問われる道路の機能と性能~講演集, 2008.12.
2008-08桑原雅夫:高速道路の交通技術 -最近の研究から- : 高速道路の交通技術に関する講習会・(財)高速道路技術センター,pp1-44,2008.11.
2008-07桑原雅夫,須田義大,田中敏久,池内克史,鈴木高宏,田中伸治,小野晋太郎,山口大助,大貫正明,白石智良:ITS研究プロジェクト・CCR12年の軌跡 何を得たか、何を手渡せるか,pp30-55,2008.3.
2008-06桑原雅夫:交通シミュレーション:成果と展望・自動車研究,Vol.30,No. 10,pp.5-10,2008.10.
2008-05浅野美帆,井料隆雅,桑原雅夫:交錯交通の容量評価のためのミクロ歩行者行動モデル・交通工学,Vol.43, No. 4, pp80-89, 2008.7.
2008-04西内裕晶, Agachai SUMALEE, Marc MISKA, 割田博, 桑原雅夫:首都高速道路におけるランプ間OD交通量の時間的・空間的相関性分析・第38回土木計画学研究・講演集, Vol.38, CD-ROM,2008.11.
2008-03小野剛志,片岡源宗,田中伸治,桑原雅夫:信号切替り時ロスタイムの適正な評価のための実交通流の解析,生産研究,Vol.60(2008),No. 3,pp.242-245,2008.
2008-02小野剛志,片岡源宗,田中伸治,桑原雅夫:損失時間の適正な評価のための信号現示切り替わり時における車両挙動の分析,土木計画学研究・講演集,Vol.38,土木学会,2008.
2008-01若公雅敏,王鋭,桑原雅夫:階層モデルを用いた街路ネットワークの評価,土木計画学研究・講演集No.37, CD-ROM, 2008.6.
2007-47BHASKAR, A., CHUNG, E. and KUWAHARA, M. : Development and implementation of areawide dynamic road traffic noise simulator - DRONE・Transportation Research Part D, 12(5), pp. 371-378,2007.00
2007-46Masao Kuwahara : A theory and implications on dynamic marginal cost・Transportation Research Part A, Vol. 41, Issue 7, pp.627-643,2007.10
2007-45CHUNG, E. and KUWAHARA, M. : Mapping personal trip OD from probe data・International Journal of ITS Research, Vol. 5, No. 1,2007.11
2007-44M. Asano, M. Kuwahara, A. Sumalee, S. Tanaka and E. Chung : Dynamic Cell-Transmission based Pedestrian Model with Multi-Directional Flows and Strategic Route Choices・Transportation Research Board 86th Annual Meeting, CD-ROM,2007.01
2007-43WEBSTER, N., SUZUKI, T., CHUNG, E. and KUWAHARA, M. : Tactical driver lane change model using forward search ・Transportation Research Board 86th Annual Meeting, CD-ROM,2007.01
2007-42Shinji Tanaka, Masao Kuwahara : Evaluation of a road design considering on-street parking using virtual reality traffic experiment system・The 11th World Conference on Transport Research,2007.06
2007-41Miho Asano, Masao Kuwahara, Shinji Tanaka : Multi-directional pedestrian flow model based on empirical data・The 11th World Conference on Transport Research,2007.06
2007-40T D C Pushpakumara, Edward Chung, Nour-Eddin El Faouzi, Masao Kuwahara : EFFECT OF RAINFALL ON TRAVEL TIME AND ACCURACY OF TRAVEL TIME PREDICTION WITH RAINFALL・The 11th World Conference on Transport Research,2007.06
2007-39Shamas ul Islam Bajwa, Masao Kuwahara : APPLICATION OF A DYNAMIC LARGE-SCALE MULTIMODAL TRANSPORT SIMULATION FOR POLICY EVALUATION・The 11th World Conference on Transport Research,2007.06
2007-38Toshio Yoshii, Masao Kuwahara and Kotaro Kumagai : A THEORY ON DYNAMIC SYSTEM OPTIMAL ASSIGNMENT・The Third International Symposium on Transportation Network Reliability,2007.06
2007-37Yasuo OSHINO, Keisuke TSUKUI, Hisatomo HANABUSA, Asbish BHASKAR, Edward CHUNG, Masao KUWAHARA : Study on Road Traffic Noise Prediction Model Taking into Account the Citywide Road Network・Inter-Noise 2007,2007.10
2007-36Alexandre Torday, Hiroshi Warita, Masazumi Ono, Kazuki Suzuki : TOLL PLAZA OPERATIONS ASSESSMENT USING A SPECIFIC MICRO SIMULATION DRIVER’S BEHAVIOR MODEL・14th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM,2007.10
2007-35Marc Miska, Alexandre Torday, Hiroshi Warita, Masao Kuwahara : THE INTERNATIONAL TRAFFIC DATABASE PROJECT・14th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM,2007.10
2007-34Aiko SUGAWARA, Takeshi IMAI, Hiroyuki TSUDA, Masao KUWAHARA and Hiroshi WARITA : A STUDY ON TRAVEL TIME PREDICTION DURING INCIDENT OCCURRENCE・14th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM,2007.10
2007-33Y. Hayashi, A. Naitoh, M. Jiang, T. Tokuyama, M. Iijima, R. Horiguchi, M. Kuwahara : A Study of Environment Conscious Travel Guidance with Pareto Improvement・Proceedings of 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM,2007.11
2007-32Geetha Nandani Weerasooriya, Shamas Bajwa,Masao Kuwahara,Majid Sarvi,Edward Chung : BUS TRAVEL TIME PREDICTION USING BUS PROBE DATA・第35回土木計画学研究・講演集, Vol.35, CD-ROM,2007.06
2007-31Charitha Dias, Marc Miska, Masao Kuwahara : Self Learning Tool for Travel Time Estimation in Signalized Urban Networks Based on Probe Data・第6回ITSシンポジウム 2007, pp. 235-240,2007.12
2007-30BHASKAR, A., CHUNG, E., KUWAHARA, M. de MOUZON, O. and DUMONT, A.-G. : Urban network travel time estimation from stop-line loop detector data and signal controller data・In Urban Transport XIII: Urban Transport and the Environment in the 21st Century,2007.09
2007-29Nathan WEBSTER, Takahiro SUZUKI, Masao KUWAHARA : Driver Model for Traffic Simulation, with Tactical Lane Changing Behavior・生産研究, Vol. 59, No. 3, pp. 42-45,2007.05
2007-28桑原雅夫: シンポジウム「道路計画と設計のあり方」~いまこそ問われる道路の機能と性能~階層を考慮した道路ネットワークの考え方・2007.1
2007-27大場義和,上野秀樹,森田綽之,桑原雅夫,割田博:突発事象発生時の旅行時間予測における多項式モデルの改良に関する検討・電気学会研究会資料 ITS研究会,2007.06
2007-26渋滞解消3つの秘策・東京新聞,2007.12.24
2007-25丸山俊明,田畑大,岡田知朗,割田博:所要時間信頼性評価によるITS 等導入効果の検証手法に関する研究・第6回ITSシンポジウム2007, pp. 361-366,2007.12
2007-24池内克史,桑原雅夫,須田義大,田中敏久,鈴木高宏,田中伸治,山口大助,小野晋太郎: サステイナブルITS の展開・第6回ITSシンポジウム2007, pp. 355-360,2007.12
2007-23菅原愛子,割田博,桑原雅夫,津田博之,今井武:事故発生時の旅行時間予測手法に関する研究・第6回ITSシンポジウム2007, pp. 267-272,2007.12
2007-22西内裕晶,Marc MISKA,割田博,桑原雅夫:首都高速道路におけるOD 交通量変動要因分析とその予測手法に関する研究・第6回ITSシンポジウム2007, pp. 229-234,2007.12
2007-21結城知彦,森正嘉,近藤啓介,鈴木高宏,國井康晴,桑原雅夫: ミクロ・マクロ両視点からの高速道における車線変更モデルの同定と検証・第6回ITSシンポジウム2007, pp. 143-148,2007.12
2007-20坪田隆宏,桑原雅夫,Shamas ul Islam Bajwa,Richard Connors:動的システム最適配分の一般ネットワークへの拡張・第6回ITSシンポジウム2007, pp. 343-348,2007.12
2007-19稲富貴久,割田博,桑原雅夫,佐藤光,岡田知朗:首都高速道路における事故処理時間予測に関する一考察・第36回土木計画学研究・講演集, Vol.36, CD-ROM,2007.11
2007-18田村勇二,割田博,桑原雅夫,佐藤光,岡田知朗: 首都高速道路における突発事象発生時の入口転換分析・第36回土木計画学研究・講演集, Vol.36, CD-ROM,2007.11
2007-17西内裕晶,桑原雅夫:時間帯別料金制実施による道路利用時刻シフト効果・第36回土木計画学研究・講演集, Vol.36, CD-ROM,2007.11
2007-16船岡直樹,割田博,桑原雅夫,佐藤光,岡田知朗: 首都高速道路におけるボトルネック判定手法構築に関する一考察・第36回土木計画学研究・講演集, Vol.36, CD-ROM,2007.11
2007-15上村彩,片岡源宗,田中伸治,熊谷靖彦,桑原雅夫,那須清吾:国道32 号の渋滞緩和策を目的とした新たな道路運用方法の提案・第35回土木計画学研究・講演集, Vol.35, CD-ROM,2007.06
2007-14大口敬,桑原雅夫,森田綽之,尾崎晴男,中村英樹,浜岡秀勝,田中伸治: 階層的道路ネットワーク-計画設計のモデル化・第35回土木計画学研究・講演集, Vol.35, CD-ROM,2007.06
2007-13桑原雅夫:動的配分理論-蓄積と展望・第35回土木計画学研究・講演集, Vol. 35, CD-ROM,2007.06
2007-12飯島護久,福本大輔,桑原雅夫:首都圏ネットワークにおける動的シミュレーションの適用可能性・第27回日本道路会議論文集, CD-ROM,2007.11
2007-11上野秀樹,森田綽久,桑原雅夫,割田博:事故継続時間を考慮した突発事象発生時の旅行時間予測方式の研究・第27回交通工学研究発表会論文報告集, pp. 221-224,2007.10
2007-10秋元健吾,小根山裕之,西内裕晶,割田博: ETCデータを用いた首都高速道路における入口選択行動の分析・第27回交通工学研究発表会論文報告集, pp. 193-196,2007.10
2007-09割田博:(突発)事象検出:Incident Detection・交通工学, Vol.42, No.3, pp.63-64,2007.05
2007-08割田博,赤羽弘和,船岡直樹,堀口良太: 都市高速道路における画像解析手法を用いた渋滞発生メカニズムの詳細分析・交通工学, Vol.42, No.3, pp.35-40,2007.05
2007-07村田啓介,浅野美帆,田中伸治,桑原雅夫: 歩行者青信号の残り時間表示方式の導入に伴う横断挙動分析・IATSS Review, Vol. 31, No. 4, pp. 76-83,2007.03
2007-06桑原雅夫:「渋滞解消の秘策! -渋滞のメカニズムと対策」・生産研究, Vol. 59, No. 5, pp. 56-70,2007.09
2007-05大口敬,津田浩輝,桑原雅夫,田中伸治: ドライビングシミュレータの高速道路追従走行の再現性・生産研究, Vol. 59, No. 3, pp. 76-79,2007.05
2007-04小宮粋史,大口敬,赤羽弘和,堀口良太,桑原雅夫:実験車両による実道路における車両走行挙動の連続観測・生産研究, Vol. 59, No. 3, pp. 71-75,2007.05
2007-03田中伸治,桑原雅夫: 複合現実感交通実験スペースを用いた路上駐車場所の安全性評価・生産研究, Vol. 59, No. 3, pp. 30-33,2007.05
2007-02岩永陽,田中伸治,桑原雅夫:都市間高速道路における路肩を用いた動的な付加車線運用に関する研究・生産研究, Vol. 59, No. 3, pp.34-37,2007.05
2007-01浅野美帆,桑原雅夫:先読み行動を考慮した歩行者交通流シミュレーション・生産研究, Vol. 59, No. 3, pp. 38-41,2007.05
2006-34白石智良,堀口良太:リアルタイムシミュレーションを用いた交通流予測システムの開発・第54回理論応用力学講演会・講演集,2005.01
2006-33T. SHITAMA, R. HORIGUCHI, H. AKAHANE, J. XING: Traffic Simulation for Expressway Toll Plaza Based on Successive Vehicle Tracking Data・Proceedings of Internatinal Symposium of Transport Simulation, Lausanne, Switzerland, 2006.09
2006-32Masao KUWAHARA:Potential of demand spreading over time to alleviate traffic congestion・Emerging Technology Workshop,2006.09
2006-31Shinji TANAKA, Masao KUWAHARA:EVALUATION OF ON-STREET PARKING SCHEME USING VIRTUAL REALITY TRAFFIC EXPERIMENT SYSTEM・11th Meeting of the EURO Working Group on Transportation “Advances in Traffic and Transportation Systems Analysis”,pp.262-268, 2006.09
2006-30NISHIUCHI, H., NAKAMURA, K., BAJWA, S., CHUNG, E.and KUWAHARA, M.:Evaluation of travel time and OD variation on the Tokyo metropolitan expressway using ETC data・Proc. 22nd ARRB Conference,2006.11
2006-29Shinji TANAKA, Masao KUWAHARA, Yoshihiro SUDA, Ken HONDA, Tomoyoshi SHIRAISHI, Masaaki ONUKI, Makoto KANO:Safety Evaluation of On-street Parking Scheme Using Virtual Reality Traffic Experiment System・13th ITS World Congress, 2006.10
2006-28M. Sarvi , M. Kuwahara and A. Ceder :Development of a microsimulation program to study freeway ramp merging process in congested traffic conditions・International Symposium on Transport Simulation, 2006.09
2006-27ASANO, M., KUWAHARA, M., SUMALEE, A., TANAKA, S. and CHUNG, E.:Pedestrian simulation considering stochastic route choice and multi-directional flow・2nd International Symposium of Transport Simulation, 2006.09
2006-26Edward Chung, Osamu Ohtani, Hiroshi Warita, Masao Kuwahara, and Hirohisa Morita:DOES WEATHER AFFECT HIGHWAY CAPACITY?・5th TRB International Symposium on Highway Capacity and Quality of Service, 2006.07
2006-25Hiroshi WARITA, Hiroaki OKAMURA, Hirohisa MORITA, and Masao KUWAHARA:Analysis of Road Potential and Bottlenecks based on Percentile Speed・International Symposium on Hghway Capacity, 2006.07
2006-24Edward Chung, Ashish Bhaskar and Masao Kuwahara:Large area noise evaluation・8th Highway and Urban Environment Symposium, 2006.06
2006-23BAJWA, S., BEKHOR, S., KUWAHARA, M. and CHUNG, E.:Discrete choice modeling of combined mode and departure time・11th International Conference on Travel Behaviour Research, 2006.08
2006-22CHUNG, E. and KUWAHARA, M.:Mapping personal trip OD from probe data・International Journal of ITS Research,2006.12
2006-21WARITA, H., OKAMURA, H., MORITA, H., KUWAHARA, M. and CHUNG, E.:Analysis of road potential and bottlenecks based on operating speed・International Journal of ITS Research,2006.12
2006-20田中伸治,桐山孝晴,濱谷健太:路上駐車が交通流に与える影響の分析・交通工学,Vol.41 , No.6 , pp34-39 ,2006.11
2006-19田中伸治:路上駐車に関わる法制度・交通工学,Vol.41 , No.6 , pp.56-57 ,2006.11
2006-18舌間貴宏,村重至康,Jian Xing,赤羽弘和,堀口良太:ETC料金所の効果的な運用方式検討のためのシミュレーションモデル開発と適用・交通工学,Vol. 41,増刊号,2005.11
2006-17堀口良太,長岡亨,畑成年:GPS携帯電話による大規模パーソンプローブ調査のためのトリップ情報抽出手法に関する研究・第33回土木計画学研究発表会(春大会)講演集,CD-ROM,2006.06
2006-16割田博,赤羽弘和,堀口良太,岡村寛明,船岡直樹:首都高速道路箱崎ロータリー近傍における画像解析手法を用いた交通現象の分析・第33回土木計画学研究発表会(春大会)講演集,CD-ROM,2006.06
2006-15飯島護久,石神孝裕,高橋勝美,野中康弘,藤川謙:交通量配分との連携による道路整備事業評価への広域交通シミュレーションの適用・第33回土木計画学研究発表会(春大会)講演集,CD-ROM,2006.06
2006-14岩永陽, 桑原雅夫,田中伸治:高速道路における路肩を用いた動的な付加車線運用の効果に関する研究・第5回ITSシンポジウム2006,pp.217-222 ,2006.12
2006-13浅野美帆,桑原雅夫,田中伸治:混雑時における歩行者ミクロ流動モデルの構築・第5回ITSシンポジウム,pp.419-424 ,2006.12
2006-12大場義和,上野秀樹,割田博,森田綽之,桑原雅夫:高速道路における突発事象発生時の旅行時間予測アルゴリズムの開発・第5回ITSシンポジウム2006,pp.291-296 ,2006.12
2006-11近藤啓介,鈴木高宏,Nathan A. Webster,桑原雅夫:他車両との相互作用を取り入れた横方向運転行動モデルの同定・第5回ITSシンポジウム2006,pp.147-152 ,2006.12
2006-10田中伸治, 桑原雅夫, 白石智良:路上駐車による交通流への影響を考慮したシミュレーションモデルの開発・第33回土木計画学研究発表会・講演集,2006.06
2006-09大口敬,中村英樹,桑原雅夫:交通需要の時空間変動を考慮した新たな道路ネットワーク計画設計試論・第33回土木計画学研究発表会・講演集,2006.06
2006-08筑井啓介,押野康夫,桑原雅夫:都市内の道路ネットワークを考慮した道路交通騒音の予測手法に関する研究・自動車研究,Vol.28 , No.12 , pp.23-26 ,2006.12
2006-07桑原雅夫:路上駐車管理-どこにバランスを求めるか・交通工学,Vol.41 , No.6 , pp.1-3 ,2006.11
2006-06桑原雅夫:"スタティック"から"ダイナミック"へ・UTMS機関誌 10周年特別号,2006.08
2006-05桑原雅夫:チャレンジ交差点!・日立評論,2006.08
2006-04桑原雅夫:セカンドステージに入ったITS・東芝レビュー,Vol.61, No. 8,p.1,2006.08
2006-03桑原雅夫:運用で差がつく高速道路・高速道路と自動車,Vol.49, No.61,2006.06
2006-02桑原雅夫:渋滞半減へのシナリオ・エネルギー・資源, Vol.27, No. 1,2006.01
2006-01桑原雅夫:先進モビリティと交通制御 ・生産研究,東京大学生産技術研究所 ,Vol.58 , No.3 , pp.18-21 , 2006.07
2005-39ITS研究センター:高解像度大気汚染モデルによる道路交通政策評価システムの構築・生研リーフレット, No.332, 東京大学生産技術研究所,2005.06
2005-38大場義和,上野秀樹,割田博,森田綽之,桑原雅夫:突発事象発生時の走行所要時間予測における多項式モデルの適用に関する検討・電気学会研究会資料 ITS研究会,ITS-05-17~21, pp.13-17,社団法人 電気学会,2005.06
2005-37本多建,池内克史,桑原雅夫,須田義大,影澤政隆,白石智良,大貫正明:トラフィックシミュレータとドライビングシミュレータを連携した「複合現実感交通実験スペース」の構築・第54回理論応用力学講演会・講演集,2005.01
2005-36大場義和,上野秀樹,割田博,森田綽之,Edward Chung,桑原雅夫:多項式モデルの突発事象時所要時間予測への適用に関する一考察 ・平成17年電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 4,4-233,pp.369-370,2005.03
2005-35大場義和,上野秀樹,桑原雅夫:高速道路における走行所要時間予測方式の開発 ・第48回自動制御連合講演会・講演論文集/第1回横幹連合コンファレンス(予稿集CD-ROM),D2-33,pp.583-588,2005.11
2005-34割田博,岡村寛明,森田綽之,桑原雅夫:速度分析を通じた運転支援,シミュレータのパラメータ,道路設計への提言 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,pp.271-276, 2005.12
2005-33加納誠,白石智良,丸岡勝幸,石川裕記,見持圭一,山本隆嗣,酒井繭美,辻求,桑原雅夫:ドライバー挙動モデルの開発 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,pp.251-256,2005.12
2005-32E. Chung, O. Ohtani and M. Kuwahara : Effect of Rainfall on Travel Time and Travel Demand ・5th ITS European Congress, 2005.06
2005-31E. Chung, O. Ohtani, H. Warita, M. Kuwahara and H. Morita : Effect of Rain on Travel Demand and Traffic Accident ・ 8th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems, 2005.10
2005-30H.Nishiuchi,T.Yoshii : A Study of The Signal Control for the Minimization of CO2 Emission ・ 12th World Congress on Intelligent Transport Systems proceedings,(CD-ROM),2005.11
2005-29K.Honda, T.Shiraishi, M.Onuki, M.Kano, M.Kuwahara, K.Ikeuchi, Y.Suda, M.Kagesawa : Evaluation of Driving Behavior using Virtual Reality Experiment ・ 12th World Congress on Intelligent Transport Systems proceedings,(CD-ROM),2005.11
2005-28T.Shiraishi, M.Kuwahara,R.Horiguchi:A Development of Traffic Prediction System Based on Real-time Simulation ・12th World Congress on Intelligent Transport Systems proceedings,(CD-ROM),2005.11
2005-27H. YAMADA, H. OUCHI, T. HIRASAWA, K. YAMADA, Y. KATAYAMA, R. HORIGUCHI, M. OIKAWA : Applicability of AHS Service for Traffic Congestion in Sag Sections ・ Proceedigs of 12th World Congress on Intelligent Transport Systems ,CD-ROM, 2005.11
2005-26Joy Bhattacharya and Ryota Horiguch i: Implementation of Transportation Management Strategies using AVENUE for developing countries ・ Proceedings of 7th Asia-Pacific ITS Folum, New Delhi, 2005.10
2005-25Nathan Webster, Masao Kuwahara,Edward Chung : TACTICAL DRIVER LANE CHANGING HEURISTIC USING FORWARD SEARCH ・ Proceedings of Infrastructure Planning Conference, Vol.32, Japan Society of Civil Engineering, 2005.12
2005-24Shamas ul Islan BAJWA, Gakuya TAMAMOTO,Masao KUWAHARA,Edward CHUNG,Shinji TANAKA : A DYNAMIC MULTI-MODAL TRANSPORT SIMULATION MODEL :・ Proceedings of Infrastructure Planning Conference, Vol.32, Japan Society of Civil Engineering, 2005.12
2005-23S. Bajwa, E. Chung, and M. Kuwahara : Performance Evaluation of an Adaptive Travel Time Prediction Model, 8th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems, Vienna, Austria.
2005-22本多建,桑原雅夫,勝呂純一,花房比佐友,新井寿和,古川誠:ユーザ知識と交通情報に基づく経路選択の基本モデル ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,pp.417-422,2005.12
2005-21桑原雅夫: VICSプローブの展開・平成17年度 ITSの内外の同行に関する講演会・報告会 資料,2005.12
2005-20前司敏昭,堀口良太,赤羽弘和,小宮粋史:GPS携帯端末による交通モード自動判定法の開発 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,2005.12
2005-19船岡直樹,佐藤光,岡村寛明,割田博,赤羽弘和,堀口良太:首都高速道路箱崎ロータリー近傍におけるビデオ画像データを用いた渋滞発生メカニズムの分析 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,2005.12
2005-18堀口良太,和田光示:プローブの走行パターンを利用した統合型車載機での異常渋滞判定アルゴリズムの開発 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,2005.12
2005-17小宮粋史,大口敬,赤羽弘和,堀口良太,桑原雅夫 : 時空間連続観測車両による周辺車両の走行挙動計測 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,2005.12
2005-16花房比佐友,堀口良太,桑原雅夫,田中伸治,牧野浩志,大内浩之 : 高速道路サグ部におけるAHS円滑化サービス評価用交通シミュレータの開発 ・第4回ITSシンポジウム2005論文集,2005.12
2005-15田中伸治,桑原雅夫,白石智良,加納誠,織田利彦,増山義人 : 駐車管理のための路上駐車帯設置効果の評価~複合現実感交通実験スペースを活用した効率性・安全性分析~・第4回ITSシンポジウム2005論文集,2005.12
2005-14西内裕晶,中村毅一郎,Shamas Ul Islam BAJWA,Edward CHUNG,桑原雅夫 : ETCデータを用いた首都高速道路における料金施策実施時の利用者行動分析 ・第32回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.12
2005-13田中伸治,桑原雅夫,Edward CHUNG : 路上駐車に関連する諸制度についての一考察 ・第32回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.12
2005-12岩永陽,本多建,田中伸治,白石智良,桑原雅夫 : 複合現実感を用いた高速道路の動的レーンマーキングの走行安全性に関する研究 ・第32回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.12
2005-11浅野美帆,桑原雅夫,田中伸治,Agachai Sumalee,Edward Chung : 階層的な経路選択行動を考慮した動的な歩行者交通流モデル ・第32回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.12
2005-10小根山裕之,大口敬,桑原雅夫 : 排出量推計指標変換モデルの車種別パラメータと推計精度に与える影響 ・第32回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.12
2005-09村田啓介,堀口良太,桑原雅夫,浅野美帆,田中伸治 : プローブタクシーのリンク通過頻度推計モデル ・第32回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.12
2005-08上野秀樹,割田博,森田綽之,桑原雅夫 : 突発事象発生時の旅行時間予測に対する多項式モデルの応用の検討 ・第25回交通工学研究発表会,2005.11
2005-07原田昇,吉井稔雄,牧村和彦(オーガナイザ): プローブデータを取り巻く動向と課 題 ・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2005-06尾崎晴男,中村英樹,大口敬,森田綽之,桑原雅夫 : 今後の道路幾何構造設計と交通運用へのツボ ・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2005-05大口敬,中村英樹,森田綽之,桑原雅夫,尾崎晴男 : ボトルネックベースで考える道路ネットワーク計画設計試論 ・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2005-04中村英樹,大口敬,森田綽之,桑原雅夫,尾崎晴男 : 機能に対応した道路幾何構造設計のための道路階層区分の試案・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2005-03堀口良太 : 土木技術者が活躍できる場の創成 ・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2005-02白石智良,桑原雅夫,割田博,田中伸治 : 動的インフラに関する研究・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2005-01桑原雅夫 : 動的ネットワーク解析-数理モデルとシミュレーションの共存 ・第31回土木計画学研究発表会・講演集,(CD-ROM),2005.06
2004-45Toshio Yoshii, Masao Kuwahara, Kotaro Kumagai : HEURISTIC ALGORITHM FOR DYNAMIC SYSTEM OPTIMAL FLOW ・ The JSCE-PICE-NCTS Joint Seminar on Sustainable Urban Transport Systems, Manila,2004.11
2004-44Toshio Yoshii, Masao Kuwahara and Kotaro Kumagai : Development of a Simulation Algorithm for Dynamic System Optimal Solution ・ Behavior in Networks (BiNs) Workshop, July 22-23, 2004, Seoul, Korea,2004.07
2004-43Hiroshi WARITA, Hirohisa MORITA, Masao KUWAHARA, Edward CHUNG, Atsushi TANAKA : Travel Time Prediction for Pre-trip Information Using Latest Traffic Conditions on Expressway ・ International Journal of ITS Research, Vol. 2, No. 1,2004.10
2004-42Jane Lee, Masao Kuwahara, Satish V S K Ukkusuri : Predictive Dynamic Assignment with Physical Queues based on Kinematic Wave Theory ・ TRB,2004.01
2004-41堀口良太, 和田光示 : インターネットITSプローブ情報システムによる信号制御の性能指標モニタリング実証実験 ・ 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, CD-ROM, 2004.06
2004-40堀口良太 : 最近の渋滞現象への取り組みと交通シミュレーション開発の動向 ・ 電子情報通信学会ITS研究会講演集, 2004.12
2004-39菊池春海, 西條健一, 小林寛, 下川澄雄, 牧村和彦, 佐藤光, 堀口良太 : SIPAとAVENUEによる岡山市内国道53号の道路改良施策の評価 ・ 交通工学, Vol.39, No.2, pp.22-26, 2004.03
2004-38小出勝亮, 宮崎要, 堀口良太, 赤羽弘和 : VICS情報とプローブ情報の融合手法の研究 ・ 第30回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, CD-ROM, 2004.11
2004-37桑原雅夫 : 「ユビキタス時代の到来とITS の将来像に関する研究」 ・ 道経研シリーズA-114, 道路経済研究所, 2004.08
2004-36桑原雅夫 : 渋滞解消のための道路構造上の工夫 ・ 道路 Vol.759, 2004.00
2004-35桑原雅夫, 田中伸治, 加藤信介, 大岡龍三, 池内克史, 影沢政隆 : 高解像度大気汚染モデルのよる道路交通政策評価システムの構築 ・ 建設技術研究開発平成15年度成果発表会 論文概要, pp.5-1~5-5, 国土交通省, 2004.11
2004-34大場義和, 上野秀樹, 島田重人, 小山敏博, 桑原雅夫 : 「車外情報を利用する自動車交通の高効率化と安全性向上制御に関する調査専門委員会」報告書 ・ 2004.00
2004-33大場義和, 上野秀樹, 割田博, 森田綽之, Edward Chung, 桑原雅夫 : 突発事象発生時の旅行時間情報に関する一考察 ・ 電気学会全国大会, 第4分冊, pp.277-278, 2004.00
2004-32大場義和, 上野秀樹, 割田博, 森田綽之, Edward Chung, 桑原雅夫 : 突発事象発生時の道路交通状況と旅行時間情報の解析 ・ 電気学会産業応用部門大会, 2004, R2-4-2-20(CD-ROM), 2004.00
2004-31織田利彦, 桑原雅夫, 新倉聡 : 自動車交通からのCO2排出量低減に向けた交通信号制御 ・ 電気学会, ITS研究会, ITS-04-25, pp.19-24, 2004.00
2004-30R. Horiguchi, H. Akahane and K. Koide : Data Fusion of VICS and Probe to Reduce Uncertainty of Travel Time Information ・ Proceedings of 2nd International Symposium on Transportation Network Reliability, Christchurch, 2004.
2004-29Majid Sarvi, Masao Kuwahara : Freeway Ramp Merging Phenomena in Congested Traffic Using Simulation Combined with a Driving Simulator ・ Computer-Aided Civil and Infrastructure Engineering 19, pp.351-363,2004.09
2004-28R. Horiguchi and K. Wada : Effective Probe Data Transmittal with Detection of Congestion Pattern ・ Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, 2004.10
2004-27T. Hino, M. Sato, K. Uehara, K. Imamura, H. Akabane, H. Haruta, R. Horiguchi, H. Sunahara : HAKONIWA - Application Development Environment for Internet CAR system- ・ Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, 2004.10
2004-26H. Otaka, R. Horiguchi and H. Akahane : Short Term Travel Time Prediction Using Cumulative Traffic Counts And Uplink Information Collected on Expressways ・ Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, 2004.10
2004-25OGUCHI Takashi, AKAHANE Hirokazu, NISHIKAWA Isao and KUWAHARA Masao : DEVELOPMENT OF AN EXPERIMENTAL VEHICLE FOR EVALUATING HIGHWAY TRAFFIC COMPOSED OF AUTOMOTIVES WITH AND WITHOUT ADAPTIVE CRUISE CONTROL SYSTEMS ・ 30th FISITA (the International Federation of Automotive Engineering Societies) 2004 World Automotive Congress,Barcelona, 2004.05
2004-24小宮粋史, 大口 敬, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : GPS測位に基づく自車および周辺車両走行挙動観測システムの開発 ・ 第24回交通工学研究発表会論文報告集, 2004.11
2004-23堀口良太 : 事例にみる動的シミュレーション利用の合理性 ・ 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, CD-ROM, 2004.06
2004-22Katsushi Ikeuchi, Masao Kuwahara, Yoshihiro Suda, Yoshihisa Tanaka, Edward Chung, Takahiro Suzuki, Masataka Kagesawa, Shinji Tanaka, Isao Nishikawa, Takayuki Hirasawa, Ryota Horiguchi, Tomoyoshi Shiraishi, Hisatomo Hanabusa, Hiroshi Kawasaki, Hiroki Ishikawa, Katsuyuki Maruoka, Ken Honda, Makoto Furukawa, Makoto Kano, Hideki Ueno, Yoshikazu Ohba, Yoshihito Mashiyama, Toshihiko Oda, Keiichi Kenmotsu, Takatsugu Yamamoto, Masaaki Onuki, Mayumi Sakai, Motomu Tsuji : MIXED REALITY TRAFFIC EXPERIMENT SPACE UNDER INTERACTIVE TRAFFIC ENVIRONMENT FOR ITS RESEARCH ・ Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, 2004.10
2004-21Edward Chung, Hiroshi Warita, Shamas ul Islam Bajwa and Masao Kuwahara : Travel time prediction : issues and benefits ・ WCTR 2004,2004.00
2004-20Ashish Bhaskar, Edward Chung, Masao Kuwahara, Yasuo Oshino : Areawide Road Traffic Noise Contour Maps ・ WCTR 2004,2004.00
2004-19A. Bhaskar, E. Chung, M. Kuwahara and Y. Oshino : Integration of road traffic noise model (ASJ) and traffic simulation (AVENUE) for built-up area ・ Urban Transport,2004.00
2004-18Gakuya TAMAMOTO, Masao KUWAHARA, Ryota HORIGUCHI, Edward CHUNG, Shinji TANAKA, Kou SATOU and Tomoyoshi SHIRAISHI : Application of Traffic Simulation SOUND to the Tokyo Metropolitan Network ・ Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, 2004.10
2004-17Shamas ul Islam Bajwa, Edward Chung, Masao Kuwahara : AN ADAPTIVE TRAVEL TIME PREDICTION MODEL BASED ON PATTERN MATCHING ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-16Masao Kuwahara, Edward Chung, Tomotaka Ishida : Fundamental Study on the Issues of using Probe Data for OD Estimation and Route Identification ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-15Hiroshi WARITA, Hirohisa MORITA, Edward CHUNG, Masao KUWAHARA, Atsushi TANAKA : STATISTICAL METHOD FOR PRE-TRIP TRAFFIC CONDITIONS PREDICTION ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-14Hideki Ueno, Yoshikazu Ohba, Hiroshi Warita, Hirohisa Morita, Edward Chung, Masao Kuwahara : Travel Time prediction during Incident on Metropolitan Expressway ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-13Oda T., Kuwahara M. and Niikura S. : Traffic signal control for reducing vehicle carbon dioxide emissions on an urban road network ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-12佐藤光, 堀口良太, 桑原雅夫 : 大規模ネットワークにおける動的シミュレーション適用の現在とこれから ・ 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, (CD-ROM), 2004.06
2004-11玉本学也, 堀口良太, 桑原雅夫 : 交通シミュレーションSOUNDの大規模ネットワークへの適用 ・ 第30回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, (CD-ROM), 2004.11
2004-10桑原雅夫, 堀口良太 : これからの広域ネットワーク解析-静から動への転換 ・ 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, (CD-ROM), 2004.06
2004-09田中伸治, 新井寿和, 川口高志, 桑原雅夫 : 交差点下流の路上駐車が交通流に与える影響の分析 ・ 第30回土木計画学研究 ・ 講演集(CD-ROM), 2004.11
2004-08田中伸治, 新井寿和, 川口高志, 桑原雅夫 : 交差点下流の路上駐車が及ぼす交通流への影響分析 ・ 第24回交通工学研究発表会論文報告集, pp65-68, 2004.10
2004-07浅野美帆, 堀口良太, 桑原雅夫 : 需要の確率変動を考慮した遅れ時間評価型リアルタイム交通信号制御 ・ 第24回交通工学研究発表会論文報告集, 2004.11
2004-06M. Asano, R. Horiguchi and M. Kuwahara : Adaptive Traffic Signal Control Using Real-time Delay Measurement - Consideration of Stochastic Delay - ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-05浅野美帆, 堀口良太, 桑原雅夫 : 交通シミュレーションを利用した信号制御アルゴリズム評価のための仮想実験 ・ 交通工学, Vol.39, No.2, pp.39-45, 2004.03
2004-04浅野美帆, 堀口良太, 桑原雅夫 : 遅れ時間のリアルタイム計測による交通感応信号制御 ・ 生産研究, Vol.56, No.2, 2004.00
2004-03西内裕晶, 吉井稔雄 : 簡易車両感知器とプローブカーデータを用いた信号制御システム~システムの構築と道路工事実施時の片側交互通行区間への適用~ ・ 交通工学, Vol.39, No.4, pp.46-53, 2004.07
2004-02Tomoyoshi SHIRAISHI, Hisatomo HANABUSA, Masao KUWAHARA, Edward CHUNG, Shinji TANAKA, Hideki UENO, Toshikazu OHBA, Makoto HURUKAWA, Ken HONDA, Katsuyuki MARUOKA, Takatsugu YAMAMOTO : DEVELOPMENT OF A MICROSCOPIC TRAFFIC SIMULATION MODEL FOR INTERACTIVE TRAFFIC ENVIRONMENT ・ Proceedings of 11th World Congress on ITS(CD-ROM),2004.10
2004-01白石智良, 桑原雅夫, 堀口良太 : リアルタイム予測交通流シミュレーションシステムの開発 ・ 第30回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, (CD-ROM), 2004.11
2003-44上杉友一, 井料隆雅, 小根山裕之, 堀口良太, 桑原雅夫 : 断片的なプローブ軌跡の接合による区間旅行時間の期待値と分散の推定 ・土木計画学研究・論文集 20 , 土木学会, 2003
2003-43堀口良太, 赤羽弘和, 尾高寛信 : 累積交通量とアップリンク情報を用いた高速道路旅行時間の短期予測 ・ 第2回ITSシンポジウム2003予稿集, pp.289-294, 2003.12
2003-42堀口良太, 高橋秀喜, 折野好倫, 尾高寛信 : アップリンクを利用した旅行時間と地点速度データに基づく旅行時間の誤差要因に関する理論的考察 ・ 第23回交通工学研究発表会論文報告集, pp.117-120, 2003.10
2003-41中村毅一郎, 森田綽之, 吉井稔雄, 小根山裕之, 島崎雅博 : 都市内高速道路シミュレーションモデルの適用について ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.27, CD-ROM, 2003
2003-40大口敬, 兵藤哲朗, 小根山裕之 : 車両による排出ガス量推定モデルの政策評価への適用 ・ 道経研シリーズ「環境税制に関する研究」, A-103, pp.1-17, 2003
2003-39鈴木裕介, 原隆広, 桑原雅夫, 森田綽之, 吉井稔雄 : 都市高速道路における交通流シミュレーションモデルの適用 - An Application of Traffic Simulation Model to the Urban Expressway - ・ 交通工学, Vol.38, No.1, pp.56-65, 交通工学研究会, 2003.01
2003-38桑原雅夫 : 渋滞現象と需要解析 ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.28, CD-ROM, 土木学会, 2003.11
2003-37Hironobu KITAOKA, Eiji TERAMOTO, Hiroyuki ONEYAMA and Masao KUWAHARA : Development of the OD Estimation Method for Traffic Condition Prediction ・ Proceedings of 10th ITS World Congress (CD-ROM), Madrid, Spain,2003.11
2003-36大場義和, 上野秀樹, 小山敏博, 桑原雅夫 : 料金収受システムデータを利用した走行所要時間予測方式の開発 ・ 電気学会論文誌D, Vol.123-D, pp1245-1252, 電気学会, 2003.11
2003-35大場義和, 小山敏博, 上野秀樹, 桑原雅夫 : インフラ情報を用いた走行所要時間予測方式の開発 ・ 平成15年度電気学会産業応用部門大会論文講演集, CD-ROM, 電気学会, 2003.08
2003-34大場義和, 上野秀樹, 小山敏博, 桑原雅夫 : 当日道路状況を考慮したパターン検索形所要時間予測方式の検討 ・ 電気学会ITS研究会, ITS-03-16, 電気学会, 2003.06
2003-33押野康夫, 桑原雅夫 : 動的な交通-環境評価システム 交通シミュレーションによる騒音の評価 ・ 土木計画学ワンデーセミナー シリーズ37 環境とITS, pp3-2-1 - 3-2-8, 土木学会, 2003.12
2003-32桑原雅夫, 堀口良太 : シンポジウム「産学連携 -シーズとニーズの出会いから創業へ-」 大学発ITSベンチャー : ITLのビジネス展望 ・ 全国測量技術大会2003 資料集, pp40-43, 2003.00
2003-31原田昇, 桑原雅夫, 竹内健蔵 : [研究討論会]環境に配慮した交通計画の実現に向けて -自動車交通管理施策の理論と実際- ・ 日交研シリーズ B-100, 日本交通政策研究会, 2003.02
2003-30花房比佐友, 吉井稔雄, 堀口良太, 赤羽弘和, 片倉正彦, 桑原雅夫, 尾崎晴男, 大口敬, 西川功 : 「交通シミュレーション再現性検証用データセットの構築」への討議・回答 ・ 土木学会論文集, No.737/Ⅳ-60, pp247-250, 土木学会, 2003.07
2003-29桑原雅夫 : 交通渋滞の科学 ・ 騒音制御, Vol.27, No.6, pp431-436, 日本騒音制御工学会, 2003.12
2003-28Hiroyuki ONEYAMA, Takashi OGUCHI and Masao KUWAHARA : New Approach for Estimating Vehicle Emission Using Traffic Simulation Model ・ Proceedings of Best Practices in Road Engineering Conference(CD-ROM), Kuala Lunpur ,2003.09
2003-27Edward Chung, Hiroshi Warita and Shamas ul Islam Bajwa : Travel time prediction: issues and benefits ・ Proceedings of Best Practices in Road Engineering Conference(CD-ROM), Kuala Lunpur ,2003.09
2003-26Masao Kuwahara : Overview of Japanese Highway System and its Performance ・ Proceedings of Best Practices in Road Engineering Conference(CD-ROM), Kuala Lunpur ,2003.09
2003-25割田博, 森田綽之, 桑原雅夫, 田中淳 : 統計的手法による所要時間情報提供に関する研究 ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.27, CD-ROM, 土木学会 , 2003.06
2003-24池内克史, 桑原雅夫, 須田義大, 田中敏久, Edward Chung, Staffan Nordmark, 影沢政隆, 岩佐崇史, 田中伸治, 平沢隆之, 堀口良太, 白石智良, 花房比佐友, 石川裕記, 大貫正明, 織田利彦, 加納誠, 見持圭一, 坂井繭美, 辻 求, 古川誠, 本多建, 増山義人, 丸岡勝幸, 山本隆嗣 : 産官学連携「サステイナブルITS」プロジェクト ・ 第2回ITSシンポジウム2003, pp.447-452, ITS-Japan, 2003-12
2003-23割田博, 森田綽之, 桑原雅夫, 田中淳 : 道路交通情報の高度化に対応する直前の交通状況を考慮した統計的予測手法の研究 ・ 第2回ITSシンポジウム2003, pp.215-220, ITS-Japan, 2003.12
2003-22上野秀樹, 大場義和, 割田博, 森田綽之, Edward Chung, 桑原雅夫 : 突発事象発生時における旅行時間予測手法に関する研究 ・ 第2回ITSシンポジウム2003, pp.149-154, ITS-Japan, 2003.12
2003-21Majid Sarvi, Ryota Horiguchi, Masao Kuwahara, Yukiharu Shimizu, Akinori Sato, Yasuhiro Sugisaki : A Methodology to Identiry Traffic Congestion Using Intelligent Probe Vehicles ・ Proceedings of 10th ITS World Congress (CD-ROM), Madrid, Spain. ,2003.11
2003-20Miho Asano, Akira Nakajima, Ryota Horiguchi, Hiroyuki Oneyama and Masao Kuwahara : A Traffic Signal Control Based on a Queueing Model Using ITS Sensing Technologies ・ Proceedings of 10th ITS World Congress (CD-ROM), Madrid, Spain. ,2003.11
2003-19北岡広宣, 寺本英二, 小根山裕之, 桑原雅夫 : OD交通量推定手法における経路選択モデルの影響について ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.27, CD-ROM, 土木学会, 2003.06
2003-18小根山裕之, 大口敬, 桑原雅夫 : 交通流シミュレーションを用いた排出量推計手法に関する考察 ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.27, CD-ROM, 土木学会, 2003.06
2003-17H.Kitaoka, E.Teramoto, H.Oneyama, M.Kuwahara : Development of the Origin-Destination Flow Estimation Method for Traffic Condition Prediction ・ International Journal of ITS Research, Vol.1, No.1, pp.69-74 ,2003.12
2003-16UENO H., OHBA Y., WARITA H., MORITA H., CHUNG E., KUWAHARA M. : A study on travel time prediction using cumulative curves during incident occurrence on the Metropolitan Expressway ・ Proceedings of 10th ITS World Congress (CD-ROM), Madrid, Spain. ,2003.11
2003-15BAJWA, S. I., CHUNG. E. and KUWAHARA. M. : Sensitivity Analysis of short-term travel time prediction model's parameters ・ Proceedings of 10th ITS World Congress (CD-ROM), Madrid, Spain. ,2003.11
2003-14Edward Chung : Classification of traffic pattern ・ Proceedings of 10th ITS World Congress (CD-ROM), Madrid, Spain, 2003.11
2003-13浅野美帆, 中島章, 堀口良太, 小根山裕之, 桑原雅夫, 越正毅, 赤羽弘和 : 遅れ時間自己評価によるリアルタイム交通信号制御 ・ 土木計画学研究・論文集 Vol.20, 土木学会, 2003.09
2003-12石田友隆, 桑原雅夫, Edward Chung : 都市間高速道路における車群特性に関する定量的分析 ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.28, CD-ROM, 土木学会, 2003.11
2003-11堀口良太 : 『マナーとルールの境界線』 ・ ジャフメイト, 2003年1・2月号
2003-10R. Horiguchi and M. Kuwahara : Verification Process and its Application to Network Traffic Simulation Models ・ Journal of Advanced Transportation, Vol. 36, No. 3, pp. 243-264, 2003.
2003-09R. Horiguchi : Standardization of Traffic Simulation Models through Verification and Validation ・ Proceedings of Best Practices in Road Engineering Conference, Kuala Lunpur, CD-ROM, 2003.
2003-08舟橋賢二, 西村茂樹, 堀口良太, 赤羽弘和, 桑原雅夫, 小根山裕之 : VICS蓄積データを用いた旅行時間短期予測手法に関する研究 ・ 第27回土木計画学研究発表会講演集, No.27, CD-ROM, 2003.06
2003-07飯島護久, 小林寛, 菊地春海, 西條健一, 下川澄雄, 佐藤光, 佐藤和彦, 堀口良太 : 岡山市内国道53号の交差点改良効果~2つの異なるシミュレーションによる評価 ・ 第27回土木計画学研究発表会講演集, No.27, CD-ROM, 2003.06
2003-06春田仁, 渋谷裕久, 堀口良太, 赤羽弘和, 森川高行, 中村英樹, 植原啓介 : インターネットITSアプリケーション検証シミュレータ ・ 第27回土木計画学研究発表会講演集, No.27, CD-ROM, 2003
2003-05Takamasa Iryo, Edward Chung, Masao Kuwahara, Hiroyuki Oneyama : Classification of trip trajectories measured by position detection tools ・ Proceedings of 10th World Congress on Intelligent Transport Systems Madrid, 2003.11
2003-04井料隆雅, 小根山裕之, Edward CHUNG, 桑原雅夫 : 個人位置情報を用いた利用経路および交通機関の推定手法に関する研究 ・ 第27回土木計画学研究・講演集 CD-ROM, 土木学会, 2003.6
2003-03Masao Kuwahara and Hiroyuki Oneyama : Automatic calibration of parameters in a traffic simulation model ・ Submitted to ITS Madrid, 2003
2003-02S. I. Bajwa, E. Chung and M. Kuwahara : A travel time prediction method based on pattern matching technique ・ 21st ARRB and 11th REAAA Conference, Cairns, Australia, 2003
2003-01E. Chung, M. Sarvi, Y. Murakami, R. Horiguchi and M. Kuwahara : Cleansing of Probe Car Data to determine Trip OD ・ 21st ARRB and 11th REAAA Conference, Cairns, Australia, 2003
2002-45堀口良太 : 『行楽客にアンケート.あなたにとっての渋滞情報の値段』 ・ ジャフメイト, 2002.11
2002-44堀口良太 : ITS10年間の功罪と民間ビジネスの行方 ・ 土木学会誌, Vol.87, pp.30-31, 2002.11
2002-43堀口良太 : 『横断歩道の歩行者用信号「青点滅」や「赤」になっても渡る人はどのくらいいる?』 ・ ジャフメイト, 2002.08・09
2002-42堀口良太 : 『朝の通勤時間帯 1台の車に何人乗っている?』 ・ ジャフメイト, 2002.07
2002-41堀口良太 : ベンチャーの疑問…ITSってもうかりまっか? ・ 自走協通信(自動車走行電子技術協会発行), 2002.04
2002-40堀口良太, 小根山裕之 : 適用事例を通した交通シミュレーション利用実態の分析と利用促進への課題 ・ 土木学会論文集IV, Vol.709, No.IV-56, pp.61-69, 2002.07
2002-39堀口良太 : 効率的な交通情報提供サービスのためのタクシープローブ配備計画手法の論と実証 ・ ITSシンポジウム2002 予稿集, pp.677-683, 2002.12
2002-38堀口良太, 赤羽弘和, 舟橋賢二 : 拡張カルマンスムージングによる3次元プローブ車両走行軌跡と運転挙動の推定 ・ 第57回土木学会年次学術講演会講演概要集, CD-ROM, 2002.09
2002-37堀口良太 : 走行イベント単位でのプローブデータ記録方式の効用 ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002.11
2002-36堀口良太, 清水行晴, 金崎貴文, 岡村明彦, 上田憲道, 杉崎康弘 : プローブデータのクレンジング処理と車種別の運行特性分析 ・ 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002年11月
2002-35井料隆雅, 桑原雅夫 : 需要の日変動を考慮した高速道路におけるピークロードプライシング政策の評価 ・ 高速道路と自動車, Vol.45, No.8, pp.27-34, 高速道路調査会, 2002.8
2002-34R. Horiguchi and M. Kuwahara : The art of utilization of traffic simulation models - How do we make them be reliable tools? ・ Proceedings of the International Symposium on Transport Simulation, Yokohama, pp.149-170, August 2002.
2002-33桑原雅夫 : 動的な限界費用に関する理論的分析 ・ 土木学会論文集, No.709/IV-56, pp.127-138, 土木学会, 2002.7
2002-32M. Sarvi, A. Ceder and M. Kuwahara : Modeling of freeway ramp merging process observed during traffic congestion Taylor M.(Ed.) ・ Transportation and Traffic Theory, Elsevier, Adelaide, pp.482-502, 2002
2002-31M. Sarvi and M. Kuwahara : Evaluation of heavy-duty vehicles effect on the capacity of merging sections using simulation and detector data ・ Presentation at the International Conference on Inter-city Transportation, ICIT China, 2002
2002-30M. Sarvi, E. Chung, Y. Murakami, R. Horiguchi, M. Kuwahara : A methodology for data cleansing and trip end identification of probe vehicles ・ Proceedings of Infrastructure Planning Conference, Vol.26, Japan Society of Civil Engineering, 2002.11.
2002-29桑原雅夫 : ITS研究の現状と課題 ・ 土木学会誌, 土木学会, 2002.11
2002-28桑原雅夫 : 渋滞のメカニズムと対策/Network Simulation の活用 ・ シンポジウム・道路交通騒音低減のための総合的取り組み, (財)日本自動車研究所, 2002.11
2002-27上野秀樹, 大場義和, 桑原雅夫 : 所要時間履歴情報を用いた走行所要時間予測モデルの研究 ・ 第22回交通工学研究発表会論文集, 交通工学研究会, 2002.11
2002-25上杉友一, 井料隆雅, 小根山裕之, 堀口良太, 桑原雅夫 : 断片的なプローブ軌跡の接合による区間旅行時間の期待値と分散の推定 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-24S. U. I. Bajwa, E. Chung, M. Kuwahara : Travel time prediction on expressways using traffic detectors ・ Proceedings of Infrastructure Planning Conference, Vol.26, Japan Society of Civil Engineering, 2002.11
2002-23村上康紀, 桑原雅夫 : 東京23区ロードプライシング導入に伴う交通運用政策に関する研究 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-22桑原雅夫, 井料隆雅 : 動的な限界費用に関する一考察第 ・ 26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-21西川功, 野田隆, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 大口敬 : 運転挙動の計測システム搭載実験車両とデータ処理システムの開発 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-20浅野美帆, 中島章, 堀口良太, 小根山裕之, 桑原雅夫 : リアルタイムモデル規範信号制御のための遅れ時間算出方法 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-19小根山裕之, 大口敬, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 直線近似された車両軌跡からの排出量推計手法 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-18石田友隆, 桑原雅夫, E. Chung, M. Sarvi : 都市間高速道路における車群特性に関する研究 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-17井料隆雅, 桑原雅夫 : 出発時刻選択問題の安定性における時刻選択地点の影響 ・ 第26回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.11
2002-16桑原雅夫 : 広域ネットワークシミュレーションのパラメータ自動調整手法の開発 ・ 土木計画学ワンデイセミナー・効率・環境改善に向けたITS, 土木学会, 2002.10
2002-15桑原雅夫 : ソフトで走らす高速道路 ・ 高速道路の交通技術に関する講習会テキスト, (財)高速道路技術センター, 2002.10
2002-14桑原雅夫 : 交差点マネージメント再考 ・ 計画・交通研究会会報計画・交通研究会, 2002.09
2002-13M. Kuwahara : Why simulation? ・ Proceedings of International Symposium on Transport Simulation, Vol.2, pp.73-75, Yokohama, Japan, Aug. 2002
2002-12大場義和, 上野秀樹, 小山敏博, 桑原雅夫 : 料金収受システムデータを利用した走行所要時間予測方式の開発 ・ 平成14年電気学会全国大会講演論文集, 2002.8
2002-11赤羽弘和, 大口敬, 小根山裕之 : 交通シミュレーションモデル開発の変遷経緯 ・ 技術資料37-5, 2002.8
2002-10桑原雅夫, 小根山裕之 : プローブデータを用いた時間OD交通量の推計 ・ ITを用いた交通データ収集研究報告会, (財)計量計画研究所, 2002.7
2002-09桑原雅夫 : シミュレーションモデルのリンク容量値の自動調整 ・ 生産研究, 東京大学生産技術研究所, 2002.7
2002-08森内正寿, 森田綽之, 吉井稔夫, 小根山裕之, 島崎雅博 : 都市内高速道路シミュレーションモデルにおけるパラメータの設定について ・ 25回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.6
2002-07北岡広宣, 寺本英二, 小根山裕之, 桑原雅夫 : OD交通量推定手法による現況再現 ・ 第25回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.6
2002-06上野秀樹, 大場義和, 桑原雅夫 : 料金所データを用いた所要時間予測方法の比較 ・ ITS研究会・電気学会研究会, 電気学会, 2002.6
2002-05越正毅, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 尾崎晴男, 安井一彦, 中村英樹, 大口敬, 吉井稔夫, 堀口良太, 小根山裕之 : ITSセンシング技術を活用した交通信号制御アルゴリズム ・ 第25回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2002.6
2002-04井料隆雅 : トリップ(旅行)を行う時刻(A) ・ 道経研シリーズ・交通モデリングハンドブック, (財)道路経済研究所, 2002.6
2002-3c小根山裕之 : 情報システムとその他のITS(高度道路交通システム)技術(B) ・ 道経研シリーズ・交通モデリングハンドブック, (財)道路経済研究所, 2002.6
2002-3b小根山裕之 : 信号 ・ 無信号交差点のモデリング(B)・道経研シリーズ・交通モデリングハンドブック, (財)道路経済研究所, 2002.6
2002-3a小根山裕之 : 混雑のモデル化(A) ・ 道経研シリーズ・交通モデリングハンドブック, (財)道路経済研究所, 2002.6
2002-02桑原雅夫, 小根山裕之, 井料隆雅 : 週末行楽渋滞緩和のための需要分散政策に関する研究-関越自動車道上り車線における実証分析- ・ 図書資料, (財)高速道路調査会, 2002.6
2002-01堀口良太 : 動的交通シミュレーションの再現性指標に関する適正性の考察 ・ 第25回土木計画学研究・講演集土木学会, 2002.6
2001-27堀口良太 : ワシもNZで考えた~情報提供ビジネスの行方 ・ 交通工学, 2001.
2001-26堀口良太, 小根山裕之 : 適用事例を通した交通シミュレーション利用実態の分析と利用促進への課題 ・ 第37回土木計画学シンポジウム論文集, pp.121-127, 土木学会, 2001.5
2001-25吉井稔雄, 堀口良太 : モデル検証用マニュアルの策定 ・ 第37回土木計画学シンポジウム論文集, pp.107-112, 土木学会, 2001.5
2001-24M. Kuwahara : Traffic congestion and countermeasures by ITS - Potential impact of demand spreading over time - Intelligent Transport Systems: Tools or Toys ・ One-Day Seminar Monash University Section 6, Mar. 2001
2001-23M. Kuwahara : A theoretical analysis on dynamic marginal cost pricing ・ Proceedings of the Sixth Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies, pp.28-39, Dec. 2001
2001-22R. Horiguchi, M. Kuwahara and T. Yoshii : Evaluation Tools For The Effects Of ETC Toll Plaza On Road Networks ・ INSTR2001 The First International Symposium on Transportation Network Reliability -Extended Abstracts-, pp.131-134, Aug. 2001
2001-21M. Kuwahara : Intelligent transport systems toward tools of transport ・ Proceedings of Japanese - German Symposium on State of the Art of Development and Application of ITS in Urban Areas, pp.13-25, 2001.04
2001-20Y. Ohba, H. Ueno and M. Kuwahara : Travel Time Prediction Method From Toll Collection System Data Based On Deterministic TIC Queueing Theory ・ Proceedings of 8th World Congress on Intelligent Transport Systems, Sydney, 2001.10
2001-19M. Sarvi and M. Kuwahara : A Study On Freeway Ramp Merging Phenomena In Congested Traffic Situation By Traffic Simulation Combined With Driving Simulator ・ Proceedings of 8th World Congress on Intelligent Transport Systems, Sydney, 2001.10
2001-18M. Sarvi, M. Kuwahara, A. Ceder and H. Morita : Macroscopic study of freeway ramp merging phenomena observed in traffic ・ Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.4, pp.185-200, 2001.10
2001-17大場義和, 上野秀樹, 桑原雅夫 : 料金収受システムデータを利用した走行所要時間推定方法の検証 ・ 電気学会論文誌D, Vol.121, No.1, 電気学会, 2001.1
2001-16花房比佐友, 吉井稔雄, 堀口良太, 赤羽弘和, 片倉正彦, 桑原雅夫, 尾崎晴男, 大口敬, 西川功 : 交通シミュレーション再現性検証用データセットの構築 ・ 土木学会論文集, No.688/IV-53, pp.115-123, 土木学会, 2001.10
2001-15R. Horiguchi, M. Kuwahara and H. Akahane : The optimal arrangement of infrared beacons on a road network to collect vehicle trajectories - pattern analysis using schema theory ・ Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.4, pp.219-228, Oct. 2001
2001-14T. Iryo and M. Kuwahara : Simulation analyses of traffic congestion alleviation by demand spreading over time ・ Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.4, pp.161-174, Oct. 2001
2001-13小根山裕之, 桑原雅夫 : 排出量推計モデルに基づく信号交差点の排出量推計 ・ 第21回交通工学研究発表会論文集, 交通工学研究会, 2001.10
2001-12H. Oneyama T. Oguchi and M. Kuwahara : Estimation model of vehicle emission considering variation of running speed ・ Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.5, pp.105-117, Oct. 2001
2001-11内田勲, 小根山裕之, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 環境負荷の視点からみた交差点周辺の走行軌跡と交通状態の関係分析 ・ 第24回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2001.11
2001-10井料隆雅, 桑原雅夫 : 出発時刻選択問題における「疑似均衡」概念の導入 ・ 第24回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2001.11
2001-09小根山裕之, 井料隆雅, 桑原雅夫 : 東京23区を対象とした需要の時間分散施策の効果評価 ・ 第24回土木計画学研究・講演集, 土木学会, 2001.11
2001-08井料隆雅, 桑原雅夫 : 時間価値の個人差を考慮した道路混雑料金の理論的考察 ・ 交通工学, Vol.36, No.2, pp.43-52, 交通工学研究会, 2001.2
2001-07桑原雅夫 : 書評「IT社会のビジネスプラットフォーム-ITSの過去・現在・未来を読む-」 ・ 高速道路と自動車, Vol.44, No.10, p54, 高速道路調査会, 2001.10
2001-06桑原雅夫, 吉井稔雄, 熊谷香太郎 : 動的システム最適配分とランプ流入制御に関する研究 -簡略ネットワークにおける基礎的分析- ・ 土木学会論文集, No.667/IV-50, pp.59-71, 土木学会, 2001.01
2001-05M. Kuwahara and T. Akamatsu : Dynamic user optimal assignment with physical queues for a many-to-many OD pattern ・ Transportation Research Part B, Vol.35B, No.5, pp.461-479, Jun. 2001.
2001-03田中芳和, 村上康紀, 井上浩, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 小根山裕之 : 首都高速道路におけるOD交通量の日変動に関する研究 ・ 交通工学, Vol.36, No.1, pp.49-58, 交通工学研究会, 2001.01
2001-02大口敬, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 渡邉亨 : ボトルネック上流における車線利用率の矯正効果と付加車線設置形態 ・ 交通工学, Vol.36, No.1, pp.59-69, 交通工学研究会, 2001.01
2001-01桑原雅夫 : [講演会] 交通渋滞のいろいろと需要の時間平滑化効果 ・ 日交研シリーズ B-83, 日本交通政策研究会, 2001.04
2000-24M. Sarvi M. Kuwahara and A. Ceder : Traffic behavior and characteristic during merging situation on congested freeway ・ TRB 80th Annual meeting Washington DC Doctor student section 2000
2000-23堀口良太 : シミュレーションによる交通流の解析と可視化 ・ 第6回ビジュアリゼーションカンファレンス, 2000.10
2000-22上野秀樹, 大場義和, 島田重人, 桑原雅夫 : ETC応用の所要時間算出ロジックと応用システム ・ 電気学会研究会資料道路交通研究会 RTA-00-11~20, pp.41-45, 電気学会, 2000.6
2000-21井料隆雅, 桑原雅夫 : 個人差を考慮した出発時刻選択問題における均衡状態の安定性の解析 ・ 土木計画学研究 ・ 講演集, No23(2), pp.255-258, 土木学会, 2000.11
2000-20西川功, Majid Sarvi, 桑原雅夫, 森田綽之 : 首都高速道路合流部における車両挙動に関する研究 -交通流シミュレーションを組み込んだドライビングシミュレータの活用- ・ 第20回交通工学研究発表会講演論文集, pp.45-48, 交通工学研究会, 2000.11
2000-19堀口良太, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : 車両走行軌跡の取得を目的とした光学式ビーコンの効率的な配置を求める手法と車載機高度化による効果, 第20回交通工学研究発表会講演論文集, pp.73-76, 交通工学研究会, 2000.11
2000-18古川誠, 桑原雅夫 : 交通ネットワークシミュレーションに用いるパラメータの自動調整法 ・ 土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, IV-361, 土木学会, 2000.7
2000-17井料隆雅, 桑原雅夫 : 時間均一な混雑料金の利用者行動への影響に関する個人差を考慮した理論的解析 ・ 土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, IV-046, 土木学会, 2000.7
2000-16大場義和, 上野秀樹, 桑原雅夫 : 料金収受システムデータを用いた走行所要時間情報演算方法の開発 ・ 平成12年電気学会全国大会講演論文集, 4-236, 電気学会, 2000.3
2000-15Y. Ohba, H. Ueno and M. Kuwahara : Travel time prediction method for expressway using toll collection system data ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-14H.C. Liu and M. Kuwahara : A study on real-time signal control for an oversaturated network ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-13Y. Mashiyama, M. Kuwahara, R. Ikeda, T. Oda and T. Otokita : Estimation of traffic pattern analyzing UPLINK information ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-12M. Sarvi, M. Kuwahara, A. Ceder, H. Morita and I. Nishikawa : Improving the control strategies of freeway merging point using modeling and simulation approach ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-11H. Oneyama, M. Kuwahara, H. Akahane, Y. Murakami, Y. Tanaka and H. Inoue : Investigation of daily variation of Origin-Destination traffic demand on Metropolitan Expressway using automatic vehicle identification ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-10M. Furukawa and M. Kuwahara : Automatic tuning of parameters in a network traffic simulation model ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-09T. Yoshii and M. Kuwahara : An Evaluation method on effects of dynamic traffic information Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-08T. Iryo and M. Kuwahara : A theoretical analysis on departure time choice for morning commute traffic considering individual variation in time value and an application to road pricing ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-07K. Kumagai, M. Kuwahara and T. Yoshii : A study on the dynamic ramp control strategy under consideration of surface streets ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-06R. Horiguchi, M. Kuwahara and T. Yoshii : A manual of verification process for road network simulation models - An examination in Japan ・ Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Turin, 2000.11
2000-05桑原雅夫 : 期待される次世代信号制御ロジックの開発 (最新の交通信号制御技術(安全性と円滑性を求めて)) ・ 交通工学, Vol.35, No.6, pp.3-6, 交通工学研究会, 2000.11
2000-04赤羽弘和, 桑原雅夫,佐藤拓也 : 高速道路の利用予約制に関する基礎的研究 ・ 土木学会論文集, No.660/IV-49, pp.79-87, 土木学会, 2000.10
2000-03堀口良太, 桑原雅夫 : ETC導入による料金所容量への影響に関する理論的解法と考察 ・ 土木学会論文集, No.653/IV-48, pp.29-38, 土木学会, 2000.7
2000-02桑原雅夫, 赤松隆 : 動的ネットワーク解析 -これまでの知見とこれからの展望- ・ 土木学会論文集, No.653/IV-48, pp.3-16, 土木学会, 2000.7
2000-01MAJID Sarvi, Masao KUWAHARA and Isao NISHIKAWA : A simulation model for evaluation of merging capacity on the Metropolitan Expressway ・ Seisan-Kenkyu, Vol.52, No.2, pp16-19, Institute of Industrial Science University of Tokyo, 2000.2
1999-31高松誠治, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 吉井稔夫, 飯島護久, 石渡章治 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 交通工学, Vol.34, No.1, pp.25-35, 交通工学研究会, 1999
1999-30古川誠, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 吉井稔雄 : 交通流シミュレータのパラメータチューニングの自動化 ・ 第19回交通工学研究発表会論文報告集, pp.57-60, 交通工学研究会, 1999.12
1999-29Liu H.C, Masao Kuwahara, Toshio Yoshii : A Traffic Flow Simulation Model For Network Signal Control ・ Proceedings of Infrastructure Planning Conference, Vol.22(1), pp.611-614, Japan Society of Civil Engineering, 1999.10
1999-28堀口良太, 桑原雅夫 : ETCゲートが設置された料金所の容量に関する理論的解法 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(1), pp603-606, 土木学会, 1999.10
1999-27熊谷香太郎, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : シンプルネットワークを用いた動的システム最適配分とランプ流入制御に関する考察 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(1), pp595-598, 土木学会, 1999.10
1999-26林謙一, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : 旅行時間に対するVICSの効果の走行評価 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(1), pp331-334, 土木学会, 1999.10
1999-25井料隆雅, 桑原雅夫 : 通勤交通における個人差を考慮した出発時刻選択問題-動的な混雑料金への応用- ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp1007-1010, 土木学会, 1999.10
1999-24Majid Sarvi, Masao Kuwahara, Isao Nishikawa : MACROSCOPIC STUDY ON MERGING CAPACITY IN TOKYO METROPORITAN EXPRESSWAY ・ Proceedings of Infrastructure Planning Conference, Vol.22(2), pp.889-892, Japan Society of Civil Engineering, 1999.10
1999-23古川誠, 山崎徹, 吉井稔雄, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 交通流シミュレータのパラメータチューニングの自動化 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp841-844, 土木学会, 1999.10
1999-22佐藤賢, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 駐車場内における流動性の評価 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp829-832, 土木学会, 1999.10
1999-21田中伸治, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 吉井稔雄 : 災害時における交通需要推定と交通シミュレーションを用いた交通管理策の評価 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp499-502, 土木学会, 1999.10
1999-20増山義人, 吉井稔雄, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 光ビーコン情報を用いた交通需要推計 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp255-258, 土木学会, 1999.10
1999-19村上康紀, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 都市高速道路におけるOD交通量の日変動に関する研究 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp251-254, 土木学会, 1999.10
1999-18吉井稔雄, 桑原雅夫 : リアルタイム交通情報提供による交通状況への影響評価 ・ 土木計画学研究・講演集, No22(2), pp215-218, 土木学会, 1999.10
1999-17Y. Oba, H. Ueno and M. Kuwahara : Travel time calculation method for motorway using toll gate system data ・ 6th World Congress on Intelligent Transport Systems Proceedings, 1999.11
1999-16Y. Mashiyama, S. Niikura, M. Kuwahara and T. Oda : Methods of modifying UPLINK information and OD estimation ・ 6th World Congress on Intelligent Transport Systems Proceedings, 1999.11
1999-15Y. Mashiyama, S. Niikura, M. Kuwahara and T. Oda : Turning rate estimation using UPLINK information ・ 6th World Congress on Intelligent Transport Systems Proceedings, 1999.11
1999-14Y. Oba, H. Ueno and M. Kuwahara : Travel time calculation method for motorway using toll gate system data ・ ITSC'99 IEEE/ITSC, pp.471-475, 1999.10
1999-13S. Niikura, Y. Mashiyama, M. Kuwahara, T. Yoshii and T. Oda : An analysis of estimating turning distribution rate at intersections ・ ITSC'99 IEEE/ITSC, 1999.10
1999-12大場義和, 上野秀樹, 桑原雅夫 : 料金収受システムデータを用いた走行所要時間情報演算方法の開発 ・ IEEE, 1999.10
1999-11T. Akamatsu and M. Kuwahara : A capacity increasing paradox for a dynamic traffic assignment with departure time choice ・ Proceedings of The 14th ISTTT, Jerusalem, pp.19-23
1999-10桑原雅夫 : ネットワーク交通流の動的な解析-待ち行列モデルの応用 ・ 土木計画学研究・論文集, No.16, pp.1-12, 土木学会, 1999.11
1999-09桑原雅夫 : 大学における技術研究開発の現状と課題-交通工学・計画を中心に- ・ 道路, 704号, pp.21-24, 日本道路協会, 1999.10
1999-08H.C. Liu and M. Kuwahara : A simplified kinematic theory and its application in traffic simulation ・ Proceedings of the first international summer symposium, Japan Society of Civil Engineers, 1999.08
1999-07E. Hato, M. Taniguchi, Y. Sugie, M. Kuwahara and H. Morita : Incorporating an information acquisition process into a route choice model with with multi traffic information sources ・ Transportation Research Part C, Vol.7, No.2-3, pp.109-129
1999-06桑原雅夫 : 東京大学公開講座 "車" 渋滞のメカニズムと対策 ・ 東京大学出版, 1999.4
1999-05井料隆雅, 桑原雅夫 : 道路交通における動的な混雑料金の理論的考察-個人差を考慮した出発時刻選択問題- ・ 生産研究, Vol.51, No.7, pp.28-31, 東京大学生産技術研究所, 1999.07
1999-04桑原雅夫 : ITSとは何か-関連分野のシステム開発状況-土木関係におけるITS研究内容 ・ 生産研究, Vol.51, No.7, pp.8-10, 東京大学生産技術研究所, 1999.07
1999-03村上康紀, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 車両感知器データを用いたOD交通量の日変動分析 ・ 生産研究, Vol.51, No.4, pp.1-4, 東京大学生産技術研究所, 1999.04
1999-02大場義和, 上野秀樹, 桑原雅夫 : 磁気式通行券データを利用した高速道路旅行時間演算方法に関する研究 ・ 生産研究, Vol.51, No.2, pp.9-12, 東京大学生産技術研究所, 1999.02
1999-01Majid Sarvi, Masao Kuwahara : Comparative study on evaluation of merging capacity in Tokyo Metropolitan Expressway ・ Seisan-Kenkyu, Vol.51, No.2, pp.83-86, Institute of Industrial Science University of Tokyo, 1999.02
1998-43R. Horiguchi, T. Yoshii, H. Akahane, M. Kuwahara, M. Katakura, H. Ozaki and T. Oguchi : Constructing a benchmark dataset for validity evaluation of road network simulation models ・ Proceedings of 8th World Conference on Transport Research, Antwerp, 1998.
1998-42S. Tanaka, M. Kuwahara, T. Yoshii, R. Horiguchi and H. Akahane : Estimation of travel demand and network simulators to evaluate traffic management schemes in disaster ・ Proceedings of INCEDE-NCEER Center-to-Center Project Workshop in Earthquake Engineering - Frontiers in Transport Systems Tokyo, 1998.
1998-41M. Kuwahara : Intelligent Transport Systems - Overview and Japanese systems Workshop ・ Proceedings on ASEAN Infrastructure Planning & Management, pp.125-135, 1998.09
1998-40M. Kuwahara : Mechanism of traffic jam and countermeasures ・ Proceedings of Japan-China Bilateral Seminar on Transportation Research and Infrastructure Planning in 1998, 1998.05
1998-39桑原雅夫 : 渋滞のメカニズムと対策 ・ 東京大学公開講座講義要項 -車「くるま」-, pp8-10, 東京大学綜合研究会, 1998.04
1998-38横田敏幸, 桑原雅夫, 尾崎晴男 : AHSのボトルネック解消効果に関する研究 ・ 第18回交通工学研究発表会論文報告集, pp49-52, 交通工学研究会, 1998.11
1998-37味沢慎吾, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 道路交通需要の空間的・時間的分散による渋滞削減効果に関する研究 ・ 第18回交通工学研究発表会論文報告集, pp13-16, 交通工学研究会, 1998.11
1998-36花房比佐友, 吉井稔雄, 堀口良太, 赤羽弘和 : 交通シミュレーションシステムの再現性検証用データセットの構築 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(1), pp583-586, 土木学会, 1998.11
1998-35堀口良太, 桑原雅夫, 片倉正彦, 赤羽弘和, 尾崎晴男 : ベンチマークデータを用いた道路ネットワークシミュレーションモデルの検証 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(1), pp579-582, 土木学会, 1998.11
1998-34石渡章浩, 鈴木悟, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 道路案内標識評価システム開発 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(1), pp511-514, 土木学会, 1998.11
1998-33熊谷香太郎, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : 動的なシステム最適状態を達成する制御手法に関する研究 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(1), pp427-430, 土木学会, 1998.11
1998-32佐藤賢, 千葉崇宏, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 路上駐車による旅行時間損失の推定 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(1), pp279-282, 土木学会, 1998.11
1998-31佐藤拓也, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : オンラインアンケートによる休日交通需要の平準化 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(2), pp607-608, 土木学会, 1998.11
1998-30吉井稔雄, 桑原雅夫 : トラフィックシミュレーションに用いるパラメータの自動設定方法 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(2), pp313-316, 土木学会, 1998.11
1998-29桑原雅夫 : ネットワーク交通流の動的な解析-待ち行列モデルの応用 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(2), pp1-18, 土木学会, 1998.11
1998-28中村良太, 増山義人, 桑原雅夫, 吉井稔雄, 赤羽弘和 : OD推定のための光学式車両感知器情報の解析 ・ 土木計画学研究・講演集, No21(2), pp317-320, 土木学会, 1998.11
1998-27熊谷香太郎, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : 動的システム最適配分の基本的性質に関する考察 ・ 土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.590-591, 土木学会, 1998.1
1998-26味沢慎吾, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 道路交通需要の空間的・時間的分散による渋滞削減効果に関する研究 ・ 土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.600-601, 土木学会, 1998.1
1998-25吉井稔雄, 桑原雅夫 : ダイナミックトラフィックシミュレーションモデルの再現精度に関する考察 ・ 土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.602-603, 土木学会, 1998.1
1998-24榊原肇, 桑原雅夫, 横井昭 : アップリンク情報の活用法について(予測旅行時間の精度向上) ・ 土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.680-681, 土木学会, 1998.1
1998-23増山義人, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : OD推定のための光学式車両感知器アップリンク情報処理アルゴリズムの開発 ・ 土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.682-683, 土木学会, 1998.1
1998-22堀口良太, 桑原雅夫, 片倉正彦 : 路外に起終点を持つOD交通量を扱うシミュレーションのネットワーク表現について ・ 土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.684-685, 土木学会, 1998.1
1998-21E. Chung and M. Kuwahara : Comparative study of freeway incident detection algorithms ・ Proc. 19th ARRB Conf., Sydney, Australia, pp.25-49, ARRB Transport Research, 1998.12
1998-20Y. Mashiyama, M. Kuwahara, T. Yoshii, S. Niikura and T. Oda : Estimating traffic demand using uplink information from infrared vehicle detectors ・ Proc. 5th World Congress on Intelligent Transport Systems, 1998.10
1998-19R. Horiguchi, T. Yoshii, M. Kuwahara, M. Katakura, H. Ozaki and T. Oguchi : A benchmark data set for validity evaluation of road network simulation models ・ Proc. 5th World Congress on Intelligent Transport Systems, 1998.01
1998-18T. Yoshii, S. Ajisawa and M. Kuwahara : Impacts on traffic congestion by switching routes and shifting departure time of trips ・ 5th World Congress on Intelligent Transport Systems Proceedings, 1998.10
1998-17増山義人, 織田利彦, 桑原雅夫, 吉井稔雄, 新倉聡 : アップリンク情報処理とOD推定 ・ 電気学会研究会資料 道路交通研究会 RTA-98-23~29, pp7-12, 電気学会, 1998.12
1998-16吉井稔雄 : "やさしい交通シミュレーション" 9.シミュレーション技術総覧 予測情報提供効果について ・ 交通工学, Vol.33, No.6, pp65-69, 交通工学研究会, 1998.11
1998-15酒井浩一, 田中伸治, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 首都高速道路交通起終点調査に基づくOD推定精度の検討 ・ 交通工学, Vol.33, No.6, pp17-27, 交通工学研究会, 1998.11
1998-14桑原雅夫 : ITSへの期待 ・ 交通工学, Vol.33, 増刊号, pp19-25, 交通工学研究会, 1998.01
1998-13桑原雅夫 : 道路交通における出発時刻選択に関する研究解説 ・ 土木学会論文集, No.604/IV-41, pp73-84, 土木学会, 1998.01
1998-12吉井稔雄, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 堀口良太 : トラフィックシミュレーションを用いた路側観測交通量からの動的OD交通量の推定 ・ 土木計画学研究・論文集, No.15, pp461-468, 土木学会, 1998.09
1998-11桑原雅夫, 麦倉武志, 新倉聡, 織田利彦 : ビーコン情報によるOD交通量推定に関する研究 ・ 交通工学, Vol.33, No.4, pp15-21, 交通工学研究会, 1998.07
1998-10羽藤英二, 谷口正明, 杉恵頼寧, 桑原雅夫, 森田綽之 : 複数交通情報リソース下における情報獲得・参照行動を考慮した経路選択モデル ・ 土木学会論文集, No.597/IV-40, pp99-111, 土木学会, 1998.07
1998-09吉井稔雄 : "やさしい交通シミュレーション" 7.シミュレーション技術総覧 ・ 交通工学, Vol.33, No.4, pp75-81, 交通工学研究会, 1998.07
1998-08大口敬, 羽藤英二, 谷口正明, 吉井稔雄, 桑原雅夫, 森田綽之 : 首都高速道路における経路選択行動に関する実態調査 ・ 土木学会論文集, No.590/IV-39, pp87-95, 土木学会, 1998.04
1998-07桑原雅夫 : わずかの時間調整で渋滞はなくせる ・ 高速道路と自動車, Vol.41, No.4, p.13, 高速道路調査会, 1998.04
1998-06桑原雅夫 : 広域ネットワーク交通流シミュレーション ・ 自動車技術, Vol.52, No.1, pp.28-34, 自動車技術会, 1998.01
1998-05高羽禎雄, 津川定之, 藤井治樹, 桑原雅夫 : 21世紀の自動車交通システム ・ 工業調査会, 1998.08
1998-04増山義人, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : アップリンク情報収集とOD推定 ・ 生産研究, 第50巻, 第10号, pp.43-46, 東京大学生産技術研究所, 1998.01
1998-03榊原肇, 桑原雅夫, 宇佐美勤, 横井昭 : 光ビーコンで収集されるアップリンク情報の活用法について (予測旅行時間の精度向上) ・ 生産研究, 第50巻, 第9号, pp51-54, 東京大学生産技術研究所, 1998.09
1998-02E. Chung, M. Kuwahara and T. Yoshii : Comparative study of freeway incident detection algorithms using real-life incident data ・ Seisan-Kenkyu, Vol.50, No.9, pp.47-50, Institute of Industrial Science Univ. of Tokyo, 1998.09
1998-01桑原雅夫 : 道路交通における出発時刻選択に関する研究解説 ・ 生産研究, 第50巻, 第4号, pp1-8, 東京大学生産技術研究所, 1998.04
1997-26堀口良太 : ニュージーランド道路点景 ・ 交通工学, 第32巻, 5号, p.61, 1997.
1997-25麦倉武志, 桑原雅夫, 新倉聡, 織田利彦 : ビーコン情報を用いた交通需要推計に関する研究 ・ 交通工学
1997-24T. Yoshii and M. Kuwahara : Estimation of a time dependent OD matrix from traffic counts with dynamic traffic simulation ・ Proceedings of 1997 China-Japan joint symposium on Advanced Energy and Transportation Engineering, pp.365-374, 1997.01
1997-23石渡章治, 飯島護久, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 土木計画学研究・講演集20(2), pp.867-870, 土木学会, 1997.11
1997-22味沢慎吾, 桑原雅夫, 西川功 : VICS旅行時間情報の精度と効果に関する研究 ・ 第22回日本道路会議一般論文集(A), pp.458-459, 日本道路会議, 1997.12
1997-21高松誠治, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 吉井稔雄 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 土木計画学研究・講演集20(2), pp.871-874, 土木学会, 1997.11
1997-20堀口良太, 赤羽弘和, 吉井稔雄, 花房比佐友, 山口智浩 : ネットワークシミュレーション用のベンチマークデータセットの構築~車両経路の抽出 ・ 土木学会第52回年次学術講演会講演集 第4部, pp.154-155, 土木学会, 1997.09
1997-19堀口良太, 吉井稔雄 : ネットワークシミュレーションモデルにおける交通流のモデル化とその検証 ・ 第4回交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, pp.2-5, 交通流数理研究会, 1997.11
1997-18花房比佐友, 白石智良, 赤羽弘和, 吉井稔雄, 堀口良太 : 交通シミュレーションシステムの再現性検証用データセットの構築 ・ 土木計画学研究・講演集20(1), pp.497-500, 土木学会, 1997.11
1997-17吉井稔雄, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 堀口良太 : トラフィックシミュレーションを用いた路側観測交通量から動的OD交通量の推定 ・ 土木計画学研究・講演集20(1), pp.501-504, 土木学会, 1997.11
1997-16桑原雅夫, 味沢慎吾, 菅田康彦, 西川功, 熊谷靖彦 : 右左折・直進の方向によるリンク旅行時間の修正とVICS情報提供効果について ・ 土木計画学研究・講演集20(1), pp.411-414, 土木学会, 1997.11
1997-15佐藤拓也, 清宮正好, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 高速道路の利用予約制に関する基礎的研究 ・ 土木計画学研究・講演集20(1), pp.423-426, 土木学会, 1997.11
1997-14花房比佐友, 山口智浩, 赤羽弘和, 吉井稔雄 : 交通シミュレーションシステムの再現性検証用データセットの構築 ・ 土木学会第52回年次学術講演会講演集 第4部, pp.150-151, 土木学会, 1997.09
1997-13赤羽弘和, 大口敬, 吉井稔雄, 堀口良太 : 交通シミュレーションモデルの実用化に向けての課題 ・ 土木計画学研究・講演集20(1), pp.521-528, 土木学会, 1997.11
1997-12吉井稔雄, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 堀口良太 : 路側観測交通量を用いた動的なOD推定手法~シミュレーションを用いた推定~ ・ 土木学会第52回年次学術講演会講演集 第4部, pp.158-159, 土木学会, 1997.09
1997-11T. Yoshii, M. Kuwahara, H. Akahane and H. Morita : An On-Line traffic simulation to predict near future travel time on urban expressways ・ Proceedings of the Second Conference of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.2, No.4, pp.1237-1246, 1997.01
1997-10E. Hato, M. Taniguchi, Y. Sugie, M. Kuwahara and H. Morita : An analysis of information acquisition and reference behavior for route choice ・ International Association of Travel Behavior Research, 1997
1997-09桑原雅夫 : トラフィック・シミュレーションモデルの動向 ・ Motor Ring, No.4, pp.13-15, 自動車技術会, 1997.03
1997-08桑原雅夫, 吉井稔雄, 堀口良太 : ブロック密度法を用いた交通流の表現方法について ・ 交通工学, Vol.32, No.4, pp.39-43, 交通工学研究会, 1997.07
1997-07桑原雅夫 : やさしい交通シミュレーション 2.広域ネットワークシミュレーション ・ 交通工学, Vol.32, No.5, pp.25-31, 交通工学研究会, 1997.09
1997-06陳鶴, 桑原雅夫 : 交通調査のためのビデオ画面上の車両走行軌跡のトラッキング手法に関する研究 ・ 生産研究, 第49巻,第8号, pp.22-25, 東京大学生産技術研究所, 1997.08
1997-05麦倉武志, 桑原雅夫, 新倉聡, 織田利彦 : ビーコン情報を用いた交通需要推計に関する研究 ・ 生産研究, 第49巻,第8号, pp.26-29, 東京大学生産技術研究所, 1997.08
1997-04小根山裕之, 桑原雅夫 : 路側観測交通量からの時間変化するOD交通量の推定 ・ 交通工学, Vol.32, No.2, 交通工学研究会, 1997.02
1997-03桑原雅夫, 赤松隆 : 多起点多終点ODにおける渋滞延伸を考慮したリアクティブ動的利用者最適交通量配分 ・ 土木学会論文集, 土木学会, 1997.01
1997-02桑原雅夫 : ニーズ・オリエンティッド ITS ・ 高速道路と自動車, Vol.40, No.1, pp.8-11, 高速道路調査会, 1997.1
1997-01M. Kuwahara and T. Akamatsu : Decomposition of the reactive dynamic assignments with queues for a many-to-many origin-destination pattern ・ Transportation Research Part B, Vol.31, No.1, pp.1-10, Elsevier Science Ltd, 1997.01
1996-26桑原研究室 : ビデオ画像上の車両走行軌跡の自動計測 ・ 生研リーフレット, No.282, 東京大学生産技術研究所, 1996.12
1996-25桑原研究室 : 広域ネットワーク交通流シミュレーションモデル~SOUND~ ・ 生研リーフレット, No.281, 東京大学生産技術研究所, 1996.12
1996-24桑原研究室 : 交通運用策評価のための街路網シミュレーションシステム:AVENUE ・ 生研リーフレットソフトウエアベース, No.43, 東京大学生産技術研究所, 1996.12
1996-23岡村寛明, 桑原雅夫, 吉井稔雄, 西川功 : 一般街路網シミュレーションモデルの開発と検証 ・ 第16回交通工学研究発表会論文報告集, pp.93-96, 交通工学研究会, 1996.11
1996-22吉井稔雄, 桑原雅夫 : ネットワークシミュレーションモデルの適用と評価 ・ 土木計画学研究・講演集, No.19(1), p.673, 土木学会, 1996.11
1996-21吉井稔雄, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 予測誤差を考慮した予測情報提供効果についての分析 ・ 土木計画学研究・講演集, No.19(2), pp.745-748, 土木学会, 1996.11
1996-20麦倉武志, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : 地点感応制御における最適信号パラメータに関する考察 ・ 土木計画学研究・講演集, No.19(2), pp.237-240, 土木学会, 1996.11
1996-19飯島護久, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 土木学会第51回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.702-703, 土木学会, 1996.09
1996-18堀口良太, 桑原雅夫, 片倉正彦 : 交通シミュレーションシステム -AVENUE- における交通流計算手法の改良 ・ 土木学会第51回年次学術講演会講演概要集第4部, pp.452-453, 土木学会, 1996.09
1996-17岡村寛明, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : 過飽和ネットワークシミュレーションモデルの一般街路への拡張と実ネットワークへの適用 ・ 土木学会第51回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.450-451, 土木学会, 1996.09
1996-16大木智明, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : 駐車場出庫車両が本線交通に与える影響の評価・分析に関する基礎的研究 ・ 土木学会第51回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.446-447, 土木学会, 1996.09
1996-15清宮正好, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : 高速道路の予約制に関する基礎的研究 ・ 土木学会第51回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.392-393, 土木学会, 1996.09
1996-14吉井稔雄, 桑原雅夫 : 路側観測交通量によるOD推定手法 ~経路選択モデルのパラメータとの同時推定~ ・ 土木学会第51回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.348-349, 土木学会, 1996.09
1996-13桑原雅夫, 赤羽弘和, 岡本芳郎, 長谷川裕二, 藤井治樹 : 高度交通情報システムに係わるヒューマンインターフェイスについての調査研究 ・ IATSS Review, Vol.22, No.2, p.70, 国際交通安全学会, 1996.09
1996-12桑原雅夫 : ITS時代の交通管理 ・ 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.96, No.276, pp.21-29, 電子情報通信学会, 1996.09
1996-11M. Kuwahara and T. Akamatsu : Dynamic user optimal assignment with physical queues for a many-to-many OD pattern ・ Seisan-Kenkyu, Vol.48, No.8, pp.35-38, Institute of Industrial Science University of Tokyo, 1996.08
1996-10桑原雅夫, 与田一憲 : 「地域が必要とする道路情報」とは ・ HO-RO-MA, No.11, pp.1-5, 北陸国道協議会, 1996.07
1996-09桑原雅夫 : 継続的なITS評価を! ・ 車と情報, Vol.15, p.1, 自動車走行電子技術協会, 1996.06
1996-08桑原雅夫 : ITSで渋滞はなくなるか? ・ 30年のあゆみ-21世紀への期待-, p.36, 交通工学研究会, 1996.05
1996-07桑原雅夫, 赤羽弘和, 岡本芳郎, 長谷川裕二, 藤井治樹 : 高度交通情報システムに係わるヒューマンインターフェイスについての調査研究 ・ 平成7年度研究調査報告書, 国際交通安全学会, 1996.04
1996-06桑原雅夫, 赤羽弘和, 牧野博明, 白石智良 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 交通工学, Vol.31, No.4, pp.15-21, 交通工学研究会, 1996.04
1996-05T. Yoshii, H. Akahane and M. Kuwahara : Impacts of the accuracy of traffic information in dynamic route guidance systems ・ Proceedings of the Third Annual World Congress on Intelligent Transport Systems, ITS America, 1996.01
1996-04H. Akahane and M. Kuwahara : A basic study on trip reservation systems for recreational trips on motorways ・ Proceedings of the Third Annual World Congress on Intelligent Transport Systems ITS America, 1996.01
1996-03R. Horiguchi, M. Kuwahara, H. Akahane and H. Ozaki : A network simulation model for impact studies of traffic management 'AVENUE Ver.2' ・ Proceedings of the Third Annual World Congress on Intelligent Transport Systems, ITS America, 1996.01
1996-02H. Oneyama, M. Kuwahara and T. Yoshii : Estimation of time dependent OD matrices from traffic counts ・ Proceedings of the Third Annual World Congress on Intelligent Transport Systems, ITS America, 1996.01
1996-01桑原雅夫, 吉井稔雄, 森田綽之, 岡村寛明 : 広域ネットワーク交通流シミュレーションモデルSOUNDの開発 ・ 生産研究, Vol.48, No.10, pp.49-52, 東京大学生産技術研究所, 1996.01
1995-14T. Yoshii and M. Kuwahara: SOUND : A traffic simulation model for oversaturated traffic flow on urban expressways ・ Proceedings of 7th World Conference on Transportation Research, Sydney, 1995.
1995-13吉井稔雄, 桑原雅夫, 森田綽之 : 都市内高速道路における過飽和ネットワークシミュレーションモデルの開発 ・ 交通工学, No.30, Vol.1, 交通工学研究会, 1995.01
1995-12ジョイ バタチャリア, 吉井稔雄, 桑原雅夫 : RP調査に基づいた動的交通情報提供がドライバーの経路選択行動に与える影響分析 ・ 土木計画学研究・講演集, No.18(2), pp497-500, 土木学会, 1995.12
1995-11J. Bhattacharya, T. Yoshii and M. Kuwahara : Effect of Traffic Information on Drivers' Route-choice Behavior ・ Proceedings of 50th Japan Society of Civil Engineers Annual Conference, pp422-423, Japan Society of Civil Engineering, 1995.09
1995-10白石智良, 荘司喜昭, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 土木学会第50回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp90-91, 土木学会, 1995.09
1995-09小根山裕之, 桑原雅夫 : 路側観測交通量からの時間変化するOD交通量の推定モデルと適用実験 ・ 土木学会第50回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp154-155, 土木学会, 1995.09
1995-08岡村寛明, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : 過飽和ネットワークシミュレーションモデルの一般街路への拡張 ・ 土木学会第50回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp114-115, 土木学会, 1995.09
1995-07吉井稔雄, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 都市高速道路における予測交通情報の提供効果 ・ 土木学会第50回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp86-87, 土木学会, 1995.09
1995-06麦倉武志, 桑原雅夫, 吉井稔雄 :交通情報が経路選択行動に及ぼす影響分析 ・ 土木学会第50回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp80-81, 土木学会, 1995.09
1995-05大木智明, 桑原雅夫, 赤羽弘和 :路外駐車場出庫車両の挙動解析 ・ 土木学会第50回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp12-13, 土木学会, 1995.09
1995-04M. Massart, M. Koshi and M. Kuwahara : Traffic signal control based on travel time information from beacons ・ Proceedings of the SECOND WORLD CONGRESS on INTELLIGENT TRANSPORT SYSTEMS '95 YOKOHAMA, Vol.1, pp.30-35, VERTIS, 1995.11
1995-03T. Yoshii, H. Akahane and M. Kuwahara : An evaluation of effects of dynamic route guidance on an urban expressway network ・ PROCEEDINGS of the SECOND WORLD CONGRESS on INTELLIGENT TRANSPORT SYSTEMS '95 YOKOHAMA, Vol.Ⅳ, pp.1995-2000, VERTIS, 1995.11
1995-02R. Horiguchi, M. Kuwahara and I. Nishikawa : The model validation of traffic simulation system for urban road networks: 'AVENUE' ・ PROCEEDINGS of the SECOND WORLD CONGRESS on INTELLIGENT TRANSPORT SYSTEMS '95 YOKOHAMA, Vol.Ⅳ, pp.1977-1982, VERTIS, 1995.11
1995-01桑原雅夫 : 第1回ITS世界会議の報告 ・ 高速道路と自動車, Vol.38, No.3, pp37-38, 高速道路調査会, 1995.03
1994-13牧野博明, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : 道路案内標識評価システムの開発 ・ 土木学会第49回年次学術講演会講演概要集第4部, pp798-799, 土木学会, 1994.09
1994-12堀口良太, 片倉正彦, 赤羽弘和, 桑原雅夫 : ハイブリットブロック密度法を用いた都市街路網の交通流シミュレータの開発 ・ 土木学会第49回年次学術講演会講演概要集第4部, pp760-761, 土木学会, 1994.09
1994-11小根山裕之, 桑原雅夫 : 路側観測交通量からの時間変化するOD交通量の推定 ・ 土木学会第49回年次学術講演会講演概要集第4部, pp752-753, 土木学会, 1994.09
1994-10吉井稔雄, 桑原雅夫 : 都市内高速道路の過飽和ネットワークシミュレーションモデルの開発 ・ 土木学会第49回年次学術講演会講演概要集第4部, pp746-747, 土木学会, 1994.09
1994-09陳鶴, 桑原雅夫 : 移動するカメラで撮影したビデオ画面上の車両走行軌跡の計測 ・ 土木学会第49回年次学術講演会講演概要集第4部, pp674-675, 土木学会, 1994.09
1994-08桑原雅夫 : 最近の交通シミュレーションモデルの動向 ・ UTMSセミナー, pp23-26, 1994.07
1994-07R. Horiguchi, M. Katakura, H. Akahane and M. Kuwahara : Development of a traffic simulator for urban road networks AVENUE ・ Vehicle Navigation & Information Systems Conference Proceedings, pp.245-250, 1994.09
1994-06R. Horiguchi, M. Katakura, H. Akahane and M. Kuwahara : The case studies of the traffic assessment using 'AVENUE' ・ IATSS RESEARCH, No.18, Vol.2, pp.76-79, International Association of Traffic and Safety Sciences, 1994.01
1994-05桑原雅夫, 井料青海 : 都市間高速道路の自由流における大型車の交通流への影響分析 ・ 土木学会論文集Ⅳ, Ⅳ-23 488, pp41-48, 土木学会, 1994.04
1994-04赤松隆, 桑原雅夫 : 渋滞ネットワークにおける動的利用者均衡配分 ・ 土木学会論文集Ⅳ, Ⅳ-23 488, pp21-30, 土木学会, 1994.04
1994-03桑原雅夫 : IVHSと国際化 ・ 高速道路と自動車,No.37,No.3, p22, 高速道路調査会, 1994.03
1994-02桑原雅夫, 井料青海 : 大型車混入率・道路線形がQ-V関係に及ぼす影響 ・ 生産研究,No.46, Vol.5, pp24-27, 東京大学生産技術研究所, 1994.05
1994-01小根山裕之, 岡田知朗, 桑原雅夫, 吉井稔雄 : 交通流シミュレーションモデル「CONTRAM」の車両移動ロジックに関する分析 ・ 生産研究, Vol.46, No.3, 東京大学生産技術研究所, 1994.03
1993-11M. Kuwahara and T. Akamatsu : Dynamic equilibrium assignment with queues for a one-to-many OD pattern ・ Proceedings of the 12th International Symposium on Transportation and Traffic Theory, pp185-204, Elsevier, Berkeley, 1993.07
1993-10桑原研究室 : ビデオ画面上の車両走行軌跡のマニュアル計測ソフト ・ 生研リーフレット, ソフトウエアベースNo.37, 東京大学生産技術研究所, 1993.12
1993-09桑原雅夫 : 過飽和ネットワークのシミュレーション ・ 土木工学研究会「最近の交通課題」, pp31-76, 1993.08
1993-08桑原雅夫, 西川功, 原隆弘 : 都市内高速道路の織り込み交通流に関する実証的研究 ・ 交通工学, Vol.28, No.5, 交通工学研究会, 1993.08
1993-07桑原雅夫, 上田功, 赤羽弘和, 森田綽之 : 都市内高速道路を対象とした経路選択機能を持つネットワークシミュレーションモデルの開発 ・ 交通工学, Vol.28, No.4, pp.11-20, 交通工学研究会, 1993.07
1993-06吉井稔雄, 桑原雅夫 : 都市高速道路を対象とした過飽和交通流シミュレーションモデル ・ 土木計画学研究・講演集, 16(1)-1, pp.121-126, 土木学会, 1993.12
1993-05谷本信也, 越正毅, 桑原雅夫 : 交通信号オフセットの簡便近似解法 ・ 第13回交通工学研究発表会論文集, pp.109-112, 交通工学研究会, 1993.11
1993-04堀口良太, 片倉正彦, 桑原雅夫 : 都市街路網の交通流シミュレータ-AVENUE の開発 ・ 第13回交通工学研究発表会論文集, pp.33-36, 交通工学研究会 1993.11
1993-03桑原雅夫 : 東京の交通問題、第3章道路渋滞緩和の方策はあるのか ・ 技報堂出版, 1993.03
1993-02桑原雅夫 : 文献の氾濫 ・ 高速道路と自動車, 第36巻, 第2号, p.11, 高速道路調査会, 1993.03
1993-01越正毅, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : 高速道路のトンネル・サグにおける渋滞現象に関する研究 ・ 土木学会論文集, No.458/IV-18, pp.65-71, 土木学会, 1993.01
1992-06T.Yamamoto, M.Kuwahara and R.K.Misra : Two-dimensional vehicle tracking using video image processing ・ Proc. of 3rd International Conference on Vehicle Navigation and Information System, Norway, 1992.09
1992-05大口敬, 越正毅, 桑原雅夫, 池ノ内岳彦 : 高速道路サグの視認性に関する研究 ・ 第47回土木学会年次講演会, 土木学会, 1992.09
1992-04赤松隆, 桑原雅夫 : ネットワーク接続行列のランクについて ・ 土木学会論文集, No.449/IV-17, pp.223-226, 土木学会, 1992.07
1992-03桑原雅夫 : 東京の道路渋滞問題 ・ 東京大学工学セミナー-東京の交通問題-, pp.21-28, 1992.05
1992-02M. Koshi, M. Kuwahara and H. Akahane : Capacity of sags and tunnels on Japanese motorways ・ ITE Journal, pp.17-22, 1992.05
1992-01中村英樹, 桑原雅夫, 越正毅 : 織り込み区間の交通容量算出シミュレーションモデル ・ 土木学会論文集, No.440/IV-16, pp.51-59, 土木学会, 1992.01
1991-14M. Kuwahara : Transport in the Tokyo Metropolitan Region ・ Journal of Built Environment on the subject of Transport in World Cities, Vol.17, No.2, 1991.11
1991-13桑原雅夫 : 気持ちに優しい車と道を(時評) ・ 高速道路と自動車, 第34巻, 第11号, p.20, 高速道路調査会, 1991.11
1991-12桑原雅夫, 陳鶴 : 大型車の乗用車換算係数に関する研究(研究速報) ・ 生産研究, 第43巻, 12号, 東京大学生産技術研究所, 1991.12
1991-11西川功, 桑原雅夫 : 都市内高速道路の織り込み交通容量に関する実証的研究(研究速報) ・ 生産研究, 第43巻, 12号, 東京大学生産技術研究所, 1991.12
1991-10西川功, 桑原雅夫 : 都市内高速道路の織り込み交通容量に関する研究 ・ 土木計画学研究講演集, Vol.14, 土木学会, 1991.11
1991-09上田功, 坪野寿美夫, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 尾崎晴男 : 経路選択ーシミュレーションモデルの開発 ・ 土木計画学研究講演集, Vol.14, 土木学会, 1991.11
1991-08桑原雅夫 : 駐車問題の現状と対策 ・ 第47・48回交通工学講習会テキスト"駐車対策/道路空間の有効利用" ,pp.I・1-I・14, 交通工学研究会, 1991.7,9
1991-07H. Nakamura, M. Kuwahara and M. Koshi : A simulation model for the evaluation of weaving capacity ・ Proceedings of Highway Capacity and Level of Service Transportation Research Board, 1991.07
1991-06桑原雅夫 : 交通信号制御における交通需要の集合化に関する研究 ・ 交通工学, Vol.26, No.4, pp.7-16, 交通工学研究会, 1991.07
1991-05H. Akahane and M. Kuwahara : Effects of on-street parking on traffic congestion at the Center of Metropolitan Tokyo and Their Measures ・ Proceedings of Seminar on Future Road Transport Systems and Infrastructures in Urban Areas, OECD/Road Transport Research Programme, Chiba, Japan, 1991.08
1991-04M. Koshi, M. Kuwahara and H. Akahane : Traffic flow on motorways ・ The 4th German-Japanese Seminar on Transportation Systems, Karlsruhe, 1991.05
1991-03M. Kuwahara, S. Leepiyachart, Y. Kim, L. Cret and J. Xing : Discussion - Urban Congestion Problems ・ The Wheel Extended, No.75, pp.21-25, Toyota Quarterly Review, 1991.04
1991-02M. Kuwahara, M. Koshi and T. Suzuki : A study on capacity and speed of weaving sections in the Tokyo Metropolitan Expressway ・ ITE Journal, Institute of Transportation Engineers, pp.27-32, 1991.03
1991-01桑原雅夫, 越正毅, 鈴木隆 : 首都高速道路の織り込み区間の交通容量と走行速度に関する実証的研究 ・ 交通工学, Vol.26, No.2, pp.39-50, 交通工学研究会, 1991.03
1990-06山本平, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 越正毅 : ビデオ画像による車両挙動計測システムの開発について ・ 土木計画学研究講演集, Vol.13, 土木学会, 1990.11
1990-05大口敬, 越正毅, 桑原雅夫, 赤羽弘和 : ファジー推論を用いた車両の追従挙動モデル ・ 土木計画学研究講演集, Vol.13, pp.221-228, 土木学会, 1990.11
1990-04岩佐昌明, 越正毅, 桑原雅夫, 尾崎晴男 : 高速道路サグおよびトンネルの交通容量 ・ 土木学会第45回年次学術講演会講演集, pp.544-545, 土木学会, 1990.09
1990-03M. Kuwahara : Equilibrium Queueing Patterns at a Two-Tandem Bottleneck during the Morning Peak ・ Transportation Science, 24(3), pp.217-229, 1990.08
1990-02桑原雅夫 : 渋滞したネットワークにおける動的均衡配分に関する考察 ・ 土木学会論文集ノート, No.419, pp.123-126, 土木学会, 1990.07
1990-01M. Kuwahara : Decision of Timings of Signal Program Switching in Pre-time Multi-Program Control ・ Proc. of 11th International Symposium. on Transportation and Traffic Theory, pp.531-550, Elsevier, 1990.07